ボールをインサイドから打つ
これから インサイドから、上から打つ 場合
忘れてしまいがち なのが
その場面は 右を向いている
骨盤から上が(厳密にする必要はありませんが)
ボールに対し90度
飛球線に対しては180度
背を向けている状況
 なのです。
IMG_0736_Slomo_Moment(2)

からだはバランスを取る本能を持っていますから
右を向いて、右にある大きな体重を
左足に移してあげると
向きを戻し、左向きを始めます。

よって からだを回すコト ソノモノが打撃
というよりも 左に移っていくことが打撃
体重移動が打撃
 と言えなくもないのです。

それも忘れがち ですが
右を向いた状況 というのは
アドレスに比べると ボールから離れた状況で
右を向いた時の 右から左 の位置関係は
ボールに近づいていく方向 です。

IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(2)






右を向いている時
ボールに近づいていく方向に
体重移動してあげるコト
 が打撃になります。

アドレス時の 飛球線後方から飛球線へ
と言う方向の体重移動ではないのです。


ボール方向に体重移動するコト ソノモノが打つコト

体重移動して『から』打つのでは
ボールから離れながら打つことになるので
チカラも伝わり難く、ロフトも寝やすくなりますから
よほど余ったヘッドスピードが有る人以外は効率が悪いです。
IMG_0770_Slomo_MomentIMG_0770_Slomo_Moment(5)








インサイド方打つ とは
離れた方向からボールに近づいていく方向のコトを指します