ダウンスイングで
🔥上から打つ   というのは
👉クラブヘッドの入射(ボールに対して上から入ってくる)角度
を造り、より立ったロフトでボールを打っても
適切にスピンと高さが取り易い ボールを飛ばし易い 条件 で
上から打つコトによって ヘッドの重さだけでなく、
腕や体の重力落下の重さも利用出来る
田中どら_Moment

🔥インサイドから打つ
殆ど 上記「上から打つ」と同じ意味合いなんだけれど
右回転 というのは 同時進行で 大きなロフト が付いて回る
その意味では インサイドから打つ というのは
不必要な作業無しで スライスを打たないで済むので
やはり ボールを飛ばし易い条件 である


そして それらを達成するのに 重要な点 は
それらが からだの向きと前傾姿勢 によってもたらされるもので
前傾姿勢とは 股関節  大腿骨と骨盤 の正面対する角度差 である。

IMG_0770_Slomo_Moment(2)IMG_0770_Slomo_Moment(5)







なので 骨盤はボールに向いているのに
上半身をひねって 右向きの真似事をした時の
「前」傾姿勢 は意味が無くなってしまう。
そのスイングをした時の
インパクト時は 例外なく 誰も「前」傾姿勢 が消え
最近では 側屈 なる、意味不明な用語まで作り出されている。


右を向いて それを解いて 厳密ではなくとも
正面を向いた辺り が 理想ではあるが【インパクトになる】 から
上から打て‼ インサイドから打てる‼ のだ。

俗に言う スイングプレーン妄信者たちは
腰を切る回転であっても 腕さばきでインサイドから入れる というか
それにはクラブを寝かし、よりロフトを増やす という
非常に高度な曲芸が必要になる。

はじめっから自分の正面、体の幅の中にグリップやヘッド、
クラブがあるのに 一回外して、元に戻せ という
なんのこっちゃ である。
それの方が速く振れる と仮に仮定しても
より大きなロフトでインパクトし易い おまけが付いてきてしまうので
やりたい人に任せればよし。

AZEJ5123_Moment(2)AZEJ5123_Moment










右も向かず 切り返しでいきなり 左腰を切ったら
その行動軌道は 下から‼ 外から‼ にしかならない
と言うのは理解できますか❓
ご自分で試してみて下さい。

骨盤、胴体をひねらないで右向きが取っていれば
ダウンスイングにおいて
進行方向、運動方向に 下方が混じっている時間が取れます。
骨盤、胴体をひねらないで右向きを取っていれば
ダウンぐイングにおいて
進行方向、運動方向に インサイドからの時間が取れます。

右を向かず、胴体をひねり
そこから左腰を切る、 その行為は左腰をボールから遠ざける
ということですか 上から打つ、 も インサイドから打つ も
まったく、一切存在しなくなってしまいます。