こすり球やスライス、振り遅れの原因
 とも思える 「大きな勘違い」の話し です

ちょっと言葉で説明するのは難しく
ニュアンスは掴みにくいかも知れませんが
多くの方にとって 参考になるかも知れませんので
試してみて下さい。

また イマイチ掴めない と言う方は
ご来店頂くなり、 046-804-1480 
hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp
お電話、お手紙下さい
IMG_0699_Slomo (3)_Moment


 弊社では常日頃、ヘッドやシャフトは振らないんだよ
と言っています。
これは そのモノ の話ではなく
『重さ というモノは振ろうとしない、放っておくんだよ』
と言う意味です。
そして 人によっては もう一つ
 大きな「重さ」を忘れています。


それは 腕 です。

両腕の重さ は10舛鯆兇┐泙后
女性であっても 8キロくらいはあります。

その腕を振らない と言うのは どういうコト でしょう。

おそらく…ですが 多くの人は
スイングでのからだの回転と腕の関係は
この写真のような関係 だと考えていると思います。

MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(5)






言葉にすると
前傾姿勢を抜きに、前ナラエ をして
右を向き、正面を向いてくると
その前ナラエ も正面になる、ボールに正対する

というコトですが・・・・・・・・
そのイメージ、思い込みが
振り遅れ、手遅れを呼んでいる可能性があります。

気を付けの姿勢では確かにそうなりますが、
前ナラエ をすると 腕の重さ、長さを含めた腕の重さに
移動の運動速度が乗算としてかかります。
気を付けの姿勢とは 当然異なる状態、重さ配分、負荷です。

にもかかわらず
ゴルフで言うと クラブの持った腕〜〜〜前ナラエ を
ボールに正対させようとすると
その余計にかかる重さ分、からだ、この場合は骨盤ですね
は開かなければならなくなります。

MVI_0878(2)_Moment(3)
mhmh







前ナラエ である腕の部分を
ボールと正対した状態にしようとすると
その重さのかかる分 からだは開きます。

インパクトの骨盤が 左を向いている訳ですから
外からしか打つコトが出来ません。
この体の姿勢では
インパクト直前まで大きくロフトは開いていますから
左に向かって フェースターンをせざるを得ません。



では・・・どうすれば良いか・・・というと
右を向いた トップの状態から始めましょう。

]咾砲蕨喙身とクラブの重さが 下 にかかっています
⇔省の腕の中でも 下側にある左により かかっています
その重さに応じて 左腕・左グリップが下がります
ず枯咾動くコト はイコール 左半身の左への移動
ズ姑梢箸虜犬悗琉榮亜淵轡侫函法,魯ぅ魁璽訛里留Ωきの解き

MVI_0741_MomentMVI_0741_Moment(6)MVI_0741_Moment(9)





骨盤 からだの右向きが解け、正面を向き始めても
腕は 右向きのまま の状態で落とせばいいのです

腕周り、腕までも 正面向きに回転させてはいけません。 

からだの回転に伴い 腕の付け根(肩)の部分は
回転通りの移動は行われますが、
腕自身は単に落下方向だけ、回転に付きあってはいけません。

IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)





✊逆もまた真なり で
 トップの位置から 腕まわり、胸をボールに正対させるため
 腕を回転なりに振れば振る程

 ✖からだが開く
 ✖右サイドが潜る
 ✖左サイドが上がる
 ✖振り遅れる

 も実感してみて下さい


トライしてみて下さい。
かなり役に立つ人もいると思います。