現在 アマチュアもトーナメントプロも
主に 「フェースを返す」「ヘッドを返す」「ターンさせる」
 いわゆるローテーション打法
になっています。

これは そうでない打ち方 からすると
⚠ロブショット を打つ打ち方
⚠ボールを上げる打ち方
  です。

検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment


大人になって ゴルフを始める人にとって
始めのうち、ボールを上手く打てないとしても
その打ち方は必要ありませんが、
チカラの無いジュニアがゴルフを始める となると
その打ち方 でないと ボールを浮かせられません。

ゴルフクラブの本来の使い方 である
フェースがボールを上から見て、ロフトというゴルフクラブの機能で上げる
打ち方では 彼らにはボールを浮かせられない のです。

ですので それを大人がマネをしてしまうと
地面のボールを何とか打てたとしても
✖ボールが上がり過ぎる
✖スピンが多すぎる

に行き着くのは当然の帰結

ボールを上げる打ち方〜ボールをさらう打ち方は
からだ(骨盤)が正面を向いてカラ
クラブを振りますので 必然的にアウトサイドイン軌道
 です。

スイングは本来 ボール、そして飛球線(スタンスの向き)に対し
右を向いて、正面を介し、左を向く
インサイドイン の軌道。
それに 慣性や遠心力によって 打撃後、クラブが長くなる(ように見える)
ので インサイドアウト になる仕組みなのですが
それは からだの向きに応じてクラブが動く、
からだの向きと同調して腕が、クラブが向きを変えるから です。

フェースを返す は ボールをさらう 動き になります。
ボールをさらう には 右サイド(右グリップ)が左サイドよりも
下にならないと、潜らないといけません。
その動作は 左が上がる分、同量 からだが開いてしまいます。
そして その時にはまだ ボールを打っていない・・・。


上手く打つには からだを開かなくてはならず
これでは インサイドから入れることが出来ません。
インサイドインが良い、すべて とは言いませんが
アマチュアが上達する、練習する項目として
アウトサイドインの改善が大きなテーマの一つですが、
フェースローテーションを打撃法にしている限り、
それはアウトサイドインはパックで付いてくる
アウトサイドインに振るための代表の動き なので
治すことが出来ないのです。

また 元々 ボールを上げるため、スピン量を増やすため
の打ち方ですので
飛ばすために ヘッドスピードアップしても
それに応じて 飛距離/ボールスピードが伸びず
高さやスピンばかりが増えます。
そして、その打ち方は肉体を酷使します。

PCC


ジュニアから始め やむを得ず その打ち方をしているプロ。
大体 スポーツ選手として、無理が出来ない年齢 が来ると
成績が落ちて 消えてしまう、 その打撃法を
大人(おじさん)の私たちが真似る必要は全くないのです。