まず 定義として
からだの正面 というのは "胸" ではなく
『骨盤』なんだ ということです。

からだを捩じって 骨盤は開いているけれど
無理やり 胸がボールと正対している、
この状況では 両腕は自然な「元の長さ」に出来ません。
✌インパクト時に右腕が短くなっている というのは
イコール ロフトが開いている です。


hiraki


飛距離が出ない は
◎ヘッドスピードが足らない
◎ボールスピードが上がらない
 👉ロフトが開いている
 👉入射が緩い

      から 始まります

同じ条件であれば ヘッドスピードが速いのは有利です。
有利ですが、ヘッドスピードとボディスピードが一致、伴わない
ただ 単に数値としてのヘッドスピードはあまり意味がありません。
無理して出す こすり球になる ヘッドスピード42ms よりも
ちゃんと捕まえる 37ms の方が距離は出ます。

また その方が繰り返し易く、ラウンドを通して続けることが可能です。



ヘッドはその重さによって 遅れさせるべき です。
それを ロフトの立ち にすれば良いだけ です。
問題なのは 手/グリップが遅れて
 からだの幅からズレてしまうコトです。


18423896_1696925746992058_6415729177185746488_n


飛ばすコト、というよりも 飛ばないコトを避ける意識 でしょう。





グリップを体の幅から外さない(ずらさない)注意点


IMG703

.董璽バックの時点で グリップを体から外す(ズラす)のは✖

 グリップを何で動かすか によります。

 ◎脚(お尻も含め) からだの向きで動かすか
 ◎肩回り だけで動かすか

 ダウンスイングのズレ よりも テークバック時でのずれの方が
 ロフトの開き効果、入射の緩さ加減に大きな影響があります。
 往復・・・ですからね。


IMG_0665_Slomo_Moment(3)

▲瀬Ε鵐好ぅ鵐阿如,らだの回転に肩周り、腕周りを置き去り✖

 打撃は からだの回転、脚(お尻も含めた)がパワーの源です
 からだを回すなら 全部動かす必要があります。

 置き去りの習慣が付いている人にとっては
 腕を先に動かす …位の意識で やっと同調します。

 先行してシフト〜体重移動する人は
 そのシフト〜体重移動に回転を合わせ技にしてみましょう。
 置き去りの人 はこのパターンが非常に多いです。

✋インパクトで体を止めて置く  ・・・よく言われる茲諒
 なんてことは実際には出来ず、先行した下半身(骨盤)は
 肩が回る分 開きます。
 その分、右サイドはツッコミ 下がり  〜〜空間が減り
 右腕が伸ばせなくなってしまいます。

 左ひじ、左上腕 を先行させる
 その意識で やっと同調します。

✋スイングに、行きであっても、帰りであっても
 意識して肩周りは「一切」使いません。
✋スイング動作 で意識的に使うのは四肢(上腕/大腿)で
 胴体はまるで使わない(意識して使わない) ものです。
 胴体は自然に生まれる 歪みや捻じれなどのクッションとして
 利用しないと 体を痛めてしまいます。

IMG_0148_Moment

左手を下げる もしくは 右手で左手を押す補助を
 トップの位置付近では インパクト方向に向けて
 大変 都合の良い グリップ関係になっています。
 左グリップの上に右のグリップが被っているからです。
 からだの回転に伴って 左上腕なり、左ひじが動くのが理想 ですが、
 せっかく 右グリップが左グリップを インパクト方向に押すのに
 都合の良い状態なのですから その補助を。
 からだから離れない限り 積極的に それを行うも ◎ です


✊理想的には トップの位置で クラブの重さ が
 グリップをインパクト方向に押すような姿勢/位置になっていると良いですね