〇堡里離ラブ(5番アイアン)
 ヘッド重量240g シャフトの硬さ振動数280cpm

▲悒奪匹里潴綫筌ラブ
 ヘッド重量320g シャフトの硬さ振動数260cpm

 (同じ硬さシャフト〜ヘッドが重くなった分落ちた数値)


ファーストステップとして
.悒奪表杜240g シャフトの硬さ振動数280cpm
まあ ごくごく一般的なゴルフクラブですね、
インターネットで中古を買っても
日本中、どこのゴルフショップに行って 目隠しでクラブを買うと
だいたい このスペックのクラブです。
IMG_0743



.悒奪表杜240g シャフトの硬さ振動数280cpm(5番アイアン)
このクラブでゴルフを始める、スイングを覚えた人の特徴
最大の特徴は アプローチです。

このスペックですと
ヘッドの軽さ、シャフトの硬さ によって
地面に置いてあるボールを「拾う」能力
地面に落ちているボールをさらっていく能力が皆無です


そこそこのスピードで振るのなら 誤魔化すコト・・・
スピードがあれば フェースにボールは逃げますが
ヘッドが軽く、シャフトの硬いクラブでのアプローチ、
遅いヘッドスピードでのショットは
ヘッドが下に下がる、クラブが下に下がる能力・エネルギーが希薄なため
ボールが拾えず、フェースにボールが乗りません。

👉経験を重ね、スコアが良くなったとしても
ココの部分はなかなか改善しません。
よほど ここの練習(20〜30ヤードのアプローチ)を
反復しないと ゴルフを辞めるまでここは苦労します。



そこでファーストステップで
ウエッヂだけでも ヘッド重量を悶絶変態系にしてみましょう。
▲悒奪表杜320g シャフトの硬さ振動数260cpm
ヘッド重量がどかんと 80g増えます。
 パーセンテージで言うと35%増しです。
数値だけを聞いても 下に落っこちそうですよね

このファーストステップで
 苦手だった 中途半端なスピードのアプローチがいきなり激変します。

始めはダフリまくり、もしくは ダフリトップの往復ビンタ かも
しれませんが、放っておいても ヘッドが落ちる を掴むと
今まで 地面のボールを拾うために ボールをこそぐように使っていた
ロフトを出来るだけ開いて打っていたのが
ごくごく普通なロフトでインパクトを迎えられるようになり
強いインパクト、速い動きも要らなくなります。

インパクトロフトが大きく締まりましたので
当然 スイング、および動作は小さく遅くなり 弾道も低め になります。
動作が小さく遅く少なくなるので ミスの頻度はグッと下がります。

また、付帯的な要素ですが、
今までかけようとしていた スピンが
非常に簡単にかかるようになります。


IMG_0736_Slomo_Moment(2)


重いヘッドは ラフやバンカーにとても強いですから
これだけでも スコアアップの強い味方となります



✋そして これはウエッヂだけでなくアイアン全般に言えるのです