市販のクラブを使っている方の
 ゴルフスイングを見ると 経験や上手い下手など ひっくるめて
軽いヘッド・硬いシャフト を使って
ゴルフスイングを覚えた特徴
 が出ています。

これは後々 クラブを替え、スイングを変えようとした時
とても色濃く残ります。




ハミングバードでは
 クラブを振るな、シャフトを振るな と言いますが、
原則論(当たり前)として
 ゴルフスイングは 打ち手である人間が動くから、
 グリップが動き、その結果、ヘッドが動きます。

 その時、長い棒の先に重さのあるヘッド部分は
 グリップの移動量/運動量よりも
 その重さ分、運動によって増えた重さ分も含め 少なくなります。
 からだとグリップ描く円、その同軸線上にあるのではなく
 重さ分、それよりも少なく 運動量に応じて遅れてくる ということです。

 ✋ヘッドの付いていないゴルフクラブ。。。
 グリップとシャフトだけのモノと振るのと同じように
 ヘッド(重さ)の付いたゴルフクラブを動かすコトは出来ません。
 (なぞなぞのようですが分かりますか?)
 打ち手/振り手の動きが同じなら、ヘッドの作る弧は異なります。
 例えば 打ち手が向きを180度変えても
 ヘッドに重さが付いている分、シャフト自体は
 90度〜120度程度しか回転しません。


MVI_0878(2)_Moment(3)MVI_0878(2)_Moment(7)






 ✌その逆に
 ヘッドの付いていないゴルフクラブとヘッド(重さ)の付いているゴルフクラブ
 を 同じような弧を描いて動かしたとしたら
 打ち手/振りての動きは異なるモノになります。




自分が動くことによって グリップが動いて、ヘッドの重さ分をマイナスし
ヘッドが動く のと 自分側に重心のあるスイング と呼びます。
ヘッドの重さ分、運動で増える重さ を無視して
自分の動きと同じ分だけ ヘッドが弧を描くスイングを
ヘッド側に重心のあるスイング、ヘッドを振るスイング と呼びます。



前置きは長くなりましたが、
軽いヘッド、硬いシャフトでゴルフを始めた方、スイングを覚えた方は
ゴルフクラブに ボールを飛ばすエネルギー、ボールを上げるエネルギー が
少ないので どうしても 「いかに速く動かすか」が必要になります。
故に そう振ることがし易いこともあり
ヘッドを振りまわす、シャフトを振りまわすスイングになってしまいます。

ですので 俗に言うカット打ち、アウトサイドイン とは
別にスイング軌道として 外から、アウトサイドインに振ろう としてる訳
ではなく、イメージとして 自分を軸、中心点 とした
円弧をヘッドで描こうとしている
👉実際には ヘッドの重さ、その重さが運動によって増える分の負荷だけ
自分が引っ張られてしまい(スイングの重心点がヘッドの方に寄るので)
アウトサイドイン になるに過ぎません。

IMG_0058Trim (2)_Moment(4)








そう言う意味では
チカラの無い方や女性が 弊社の悶絶変態クラブを持つと
その重さ、運動で増える重さを
無理やり振ることが出来ず
無意識の内に 自分軸の、重さを放っておくスイングを自然に身に付けます。
どこまで とは言えませんが
単にゴルフを楽しみたい、コースに行ける程度打てれば良い
その位であれば、初めてクラブを手にする力の無い方、女性 が
弊社のクラブを持てば その日の内に打てるようになります。
始めの数点アドバイスをすれば おそらく生涯ゴルフレッスン要らず
と言っても過言ではありません。


問題なのは 本来動かすと重くなるヘッド
それを力で無理やり 円弧を描かせることが出来る人、
チカラで封じてしまうコトの出来る人 です。

それを治していくためのステップを
 クラブの変化とともにお話しましょう。