多くの方がプロのスイングを真似ようとしていますが、
辞めた方がよい・・・
辞めるべきと思います。

部分的に参考にする程度にした方が良いと思います。

down_swing


それには いくつかの理由があります。


‘体的理由
∋間的理由
これらは説明の必要もないでしょう。


意外に見落とされているのが クラブ の問題です。

現代の多くのプロは ジュニア、10歳位の年齢からゴルフをし始めています。

ハミングバードはゴルフ業界の中では特殊であると自覚していますが、
それを差し引いても ジュニアや非力な女性にとって
ゴルフクラブを提供するメーカーは重きを置いていません。
単純に数が売れないからです。

男女関係なく、10歳の子がゴルフを始めるパターンは
大人のクラブを慎重なりに切ったクラブから始めます。
市販のジュニア用もクラブ概ね同じです。
ジュニア用の長さに適応したシャフト、シャフトの硬さやヘッドの重さ
場合によっては ロフト角度 など
採用しているメーカーは殆どありません。

⚠シャフトが硬い
⚠ヘッドが軽い
⚠ロフトがきつい(ボールが上がり難い)

 クラブでゴルフを覚えています。

シャフトが硬い は
スイングにとって シャフトの使い方を誤らせます。
✋シャフトの本来の役割は
ヘッドの重さを打ち手に伝え、その重さを利用して
グリップを動かし、それによってクラブを動かすコト
 です。
シャフトが硬い、硬すぎると
ヘッドの位置が分かりません。
ヘッドの重さが自分に伝わりにくい です。
よって スイングを重さの感覚で覚えるのではなく
多くの場合、反復練習によって 型によって覚えます。
また シャフトが硬いので ヘッドの重さの使い方
シャフトの使い方を 本来の役割の反対、
ヘッドをどう振るか、シャフトをどう振るか
 シャフト=長い棒
 として使うようになります。

ヘッドが軽い は イコール ボールを飛ばすエネルギーの少ないクラブ
ボールを上げるエネルギーの少ないクラブ で ゴルフを、スイングを
覚えると それを補うため より速く より速く より速く
スイングをする必要が生まれます。
シャフト → ヘッドを動かす為の長い棒 とも相まって
「速く振る」というコトがスイングの 最大のテーマ になります。
PCC

プロ、もしくはプロを目指すジュニア は
お金を貰う、稼ぐために クラブを無償で手にします。
プロであれば 使うことによって お金も貰えるのです。
私たちアマチュアは その全く逆で お金を払ってクラブを買うのです。
例えば プロの場合、
自分に適しているけれど  契約金の安いメーカー と
自分に適していないけれど 契約金の高いメーカー 
の二つを選ぶ状況であれば、もれなく後者を選ぶでしょう。

使ってみた結果、悩みに突入するケースも
偶然にも自分を活かすコトになることも
アマチュアの同レベルの ゴルフクラブに対する知識では
予測しようもないでしょう。
契約条件などを優先し、没落してしまったプロは推挙に暇がありません。

ゴルフは飛ばすとともに正確性、再現性、持続性が必要なゲームです。
飛ぶのなら 速く動かずにいた方が 残りのモノを達成し易い です。
修行の結果、同時に達成しているプロ
 しかし 運動性能の優れた 非常に短い期間
それを クラブを選べる、お金を払ってクラブを得る
 アマチュアが真似る必要はありません