ヘッドが来ない、検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment
ヘッドが遅れる、
それって こう上げてしまっている限り
絶対条件として 付いてきてしまう のです。



例えば・・・ です、
スイングのコト!だけ を考えれば
ヘッドの形状として
 シャフトよりもヘッドを前に出す方が、
ヘッドの最後部をシャフトの位置にし、
それよりもヘッドの大きさ分、フェースが前にある方が
うんとダウンスイングが楽です。
その代わり テークバックに苦労はするかも…ですが。

Desktop 2019.08.05 - 07.31.06.02_Trim_Slomo_Moment(2)

〇弱い左腕
〇左腕の方がたくさん戻す動きが必要
〇テークバックの初動と違い、
 進行方向に対し、シャフトよりも後ろに重さがある
〇クラブがからだの幅の中になく
 腕も含めたクラブの重さが右にズレてしまっているため
 右サイドが潜り易い


という あまりにもスライスを打つための、
飛ばさないための好条件が整っているところから
ダウンスイングを始めることになります。


そして 股関節から上、骨盤でなく
胴体を捻った形での右向き
それに たくさん動かさなくてはイケナイ 左腕 が合体すると
ここから ボールを打てば
ナチュラルに カット つまり 外からしか入れて来れない のです。

〇弱い左腕に
〇重くなったクラブ
〇たくさん動かす必要性


この姿勢から左腕を動かせば 
からだは 正面へ向いていく過程を通り越して
いきなり左を向いてしまいます。
IMG703IMG701hijinuke1 (1)











上手く打てれば ・・・かなり・・・ そうですね
アドレス時の目標を時計の針で12時と仮定すると
10時半〜11時当たりの方向に飛び出るのが正解、
このトップの姿勢では それがナイスショット なのです。

12時の方向に打つのには すこしロフトを開き気味 でないとイケマセン。

また 
〇ヘッドが遅れるコト
〇体がすぐに開き始めるコト
〇右サイドに重さが掛かっており
 右サイドがすぐに下がり始めるコト

があるので 最下点が想定よりも後ろ、右に来やすく
とてもダふり易い、下からヘッドが入り易いので
より速く からだを開いて ボールを打つコトになります。

私の目では 毎回 動くボールを打っているのと同じ です。


前傾姿勢に対して トップの位置でのシャフトの角度はどうなのか
テークバック時に 両方の肘の移動量はどうなのか
そう言うところにも目を向けて下さい。