今も昔も ゴルフショット・ゴルフスイングは
グリップに始まり、グリップに終わる と言います。

"グリップの汚い人に 美しいスイング、美しい弾道の人はいない!"
とまで言われるほどです。

形・恰好 としてのグリップ、「握り方」も軽視出来ませんが、
始めたばかり、であっても ベテランであっても
トーナメントに出ているプロであっても
『グリップ(握り)はミスの確率』と密接につながりがあります。

田中どら_Moment


グリップは どうクラブを扱うか ソノモノを表しています。
スイングを見極めるのは難しい・・・かも知れませんが
グリップを見極めるのは意外に簡単
 何分、止まっている時に分かる のですから^^


,泙此左右のグリップが全く違うモノ であるコト
 ココは注意したい ですね。

 多くの人は 茱哀螢奪廖扮β任繊法,魯亜✊
 右グリップは ✋ もしくは セミ✋
IMG_0706_Moment

⇒これは明らかに
 茱哀螢奪廚支点 になっていて
 右手でハタク、叩く というコトを表しているでしょう。

 前にも書きましたが、年齢がシニアに近づいてくる
 もしくはシニアを超えてくると
 握力、特に利き手ではない左手の握力
 握力の数値よりも 握力の持続力 は顕著に落ちます。
 👉これが かなり主要なミスの原因になってきます。
 (握力が落ちる というコトではありません)


 そうなると 次の◆,箸弔覆ってきます。


左右のグリップが離れているのは出来るだけ避けましょう。

 この二つ、,鉢△呂世い燭ぅ螢鵐しているのですが、
 茲離哀螢奪廚鉢蕕離哀螢奪廚離れていると
 アドレス時、体が捩じれた状態から始まります。

 スタンス、足、腰 は目標点を向いていても
 左右のグリップが離れていると 肩周りは薄く左を向いた状態
 になってしまいます。
IMG_0706_Moment(2)
IMG_0706_Moment(3)

 また それを並行して、肩周りだけが やや上を向いた姿勢
 になっています。

 このアドレスが問題になるのは
 腰に対し、肩が左を向いた状態から始まるので
 テークバック⇒右向きがし難く、「始め」難く、
 手で上げがち、 急ぎガチ になるコト です。

 また 初期段階から 腰と肩がズレているため
 からだ、胴体を一体に動かす癖がつき難いコトもあります。

🔥飛ばない! と悩んでいる人 の多くは
 持っているクラブの製品ロフトよりも
 大きなロフトで、ロフトを寝かして打ってしまうコト なのですが、
 動作を始める姿勢、始める前の姿勢が
 既にロフトを寝かしている という皮肉と言うか
 そのまんま と言うか なのです。

 練習ではマシ であっても
 疲労感が大きく異なる ラウンド、コースとなると
 手で振る人にとっては、茱哀螢奪廚鮖拇世砲靴匿兇訖佑砲箸辰討蓮
 どんどん低下していく 左手の握力 によって
 より 茱哀螢奪廚深く ✊が強くなってきます。

 👉そうなると どんどん左右のグリップが離れていき
 アドレスの捻じれ が激しくなっていきます。
 トーナメントのプロでもかなり見受けられます。

 肩がより左を向き、グリップも落ち着かない
 アドレスが決まらない時の多くは これが原因だったりします。
 肩、腰、スタンス が違う方を向き、その差が激しくなるからです。

 スタンスの向き と ボールの位置(前後左右) は
 密接な関係です。
 
 握力が落ちて より肩は開き、上を向いていますから
 いつものボールの位置 では
 肩にとっては 中、右に置いた感じになります。
failgrip

 肩ラインにボールの位置 を合わせると
 今度は 腰、スタンスにとっては ボールは外、左、遠く感じます。

 アドレスがしっくり来ないので アドレス時間が長くなり、
 開いた(左を向いた肩)、捩じられた体の為
 右向きがよりし辛く、長いアドレス、急激に勢いをつけた
 速いリズムのテークバックになりガチ、ですので
 ミスにならない方がおかしいでしょう。