少々 高度なお話・・・かも知れませんが
役立つ人もいると思います。





体重移動 をする際、
注意しておきたいことが2点あります。

この2点はミス予防にもなりますし、
もう少し「飛距離を!」と言う場合にも有効です。


kokannsetuまず、座学として
体重移動は 単純に体重移動「だけ」ではない と理解してください。
スイング動作は 背骨を軸とした回転運動、向きを変える運動で
からだの重さは 背骨が厚みの真ん中にはなく
やや後方にズレている、
重さはその軸よりも前方にズレているのです。
向きを変えるに伴って 軸足が変わり、
右を向いている時には 藺、藐坿慇瓩暴鼎気かかり
左を向いている時には 菎、藐坿慇瓩暴鼎気かかります。

つまり 右を向く時も、左を向く時も
ダウンスイングで言う 「右向きを解く時も」
からだの向きと体重移動はパックになっている、
一つのユニットの動作である というコト です。




IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(2)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)

IMG_0699_Slomo (3)_MomentIMG_0699_Slomo (3)_Moment(2)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(3)









IMG_0699_Slomo (3)_Moment(4)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(5)IMG_0699_Slomo (3)_Moment(6)






(左ひざの伸びと上半身に注目)


ダウンスイングにおいて  先に体重移動し、
後から 右向きを解く手順 になってしまうと
一旦 体重は左足・左股関節に掛かったように「感じますが」
右向きを解く過程で 重さは右足・藐坿慇瓩両紊
動きますので 右軸になり
結果、上を向いてボールを打つコトになります。


体の部位、で説明すると
下半身、足だけ 左へシフトし
上半身、重さの大部分を後から動かす 手順では
インパクトが上向きになってしまいますから
ダふったり、トップしたり、上向きの為
弾道が必要以上に高く飛び出て(自作の左足上がり)
飛距離を損してしまいます。

理想的には 左へのシフトは
右向きの解きと同時進行にしていきましょう。
左足は左上半身をパックで行いましょう。
逆に言えば 左上半身の動きに下半身は応じる形
と考えて良いと思います。

無理しない範囲で
左ひざが一番沈んた、曲がったところ 近辺が
インパクトです。
✋ですので 上半身を取り残し、
 右向きの解きを後の手順にするのではなく
 左上半身の右向きの解き 左への移行を自然に支える
 流れで 左へのシフトをしていくと良いと思います。


IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_MomentIMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(2)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(3)




IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(4)IMG_0682_Slomo_Slomo (2)_Moment(5)





からだの正面でボールを!
のからだは へそや胸の正面ではなく
足も含めた 骨盤に対してのモノ です。
✋例えば 両ひざの関係が ボールに対して揃ったトコロ(時間)
が からだの正面であって
それ以降は振り遅れの時間に入ってしまいます。
・・・・・・・・そこを我慢しましょう ではなく
その時期を逃さず、その時期までに打つ準備を終わらせる
というコト です。



IMG_0699_Slomo (3)_Moment

また 先に足が左への体重移動、
右向きの解きはその後 と言う手順では
往往にして、体の反り、上向きのからだの反り が発生してしまいます。
アドレス時に 前傾している通り
この角度からの視線であっての
若干 胸は下向きになっているモノ です。
その上向きのからだの反りは
インパクトでの体の上向きを更に増やしてしまい、
ミスや飛距離の損ばかりでなく
傾斜地での 長物(フェアウェイウッドなどの)に苦手の原因になります。