いつからなんだろう、
「クラブを寝かすな」
「シャフトを寝かすな」
と言う言葉が死語になってしまったようだ。

当時(20年くらい前まで) はスイングにとって、
クラブの扱いにとって とても重い、意味のある言葉で
私自身 昔も今もとても気にしている。

最近は映像も使い易く、動画もゴルファーになじみ深くなったが
自分のスイング、他人のスイングのチェックポイントとして
かなり重要な点だと思うのだけれど…。
20190411_Moment

どんなものが寝ていて
どんなものが寝ていないのか
というと
前傾姿勢に対し、
いや 単純に概ね平らなトコロで打つと仮定して、地面に対し
どの位、クラブ・シャフトが倒れているのか
というのが比較ポイントで

✋寝ている組は
IMG703
IMG702IMG701












✋寝てない組は
IMG704IMG705IMG700














う〜〜ん
最近は シャフトが寝ていて
地面と平行 はあり得ないけど
前傾姿勢に直角に沿って、前傾姿勢に直角の角度まで
クラブ・シャフトを倒すのが 普通になっているらしい けれど
▼『ヘッドのどの部分で打つつもりなんだろう・・・』
▼『フェースで打つコトが前提なの?』
▼『ボールの飛ぶ方向、ボールのあがる角度なんか
 クラブ、番手によって結構微妙、微細な差だけど
 それはどうでもいいのかな?』
と感じてしまいます。
IMG702

ハミングバードの悶絶クラブは
想定外のヘッドの重さと想定外のシャフトの柔らかさ ではあるのですが、
それで無くても 長い棒の先に重さの付いた構造の
ゴルフクラブをこんなに倒してしまっては
ダウンスイングに入るのに クラブが重くて 力む でしょうし、
必然的に右サイドが下がり易くなってしまう けれど
それはテクニックと筋力で抑え込むんだろうか?

『飛ばない』『もっと飛ばしたい』
『方向が安定しない』『狙った方に行かせたい』
と嘆くゴルファーが多いのに
本来フェースが向くはずのトコロに ソールがある程、クラブがひねられた状況、
ロフトで言えば 複雑にナン十度も開かれた状況、
「飛ばしたい」と嘆いている人が なぜ 飛ばしにくい ロフトを開いた状況 を
準備行為で作るんだろ・・・
「真っ直ぐ行かせたい」「安定させたい」人が
トップなり、ダウンスイングの初期で
打つ場所 〜フェース が
打つモノ 〜ボール をまるで見てなくて、
フェース、ボール、打ちたい方向 と
まるでつながりのない この形が 本当に良い! と信じられるの?

飛ばすために! と信じていた としても、
多くの人は 弾道が低くて困ってはいないのだから
この方法では 元のロフトになる確率よりも
圧倒的 多めのロフトで当たる可能性が高いけれど
飛距離や確率よりも スイングの恰好の方が大切・・・なのかしらね。

IMG703


スイングは円運動と言われるけれど
それは からだの向きを変えるから であって
フェースを回す、シャフトを捩じる、は
その円とは全く別の、まったく違う大きさの、まったく違う弧の
円をたくさん作ったら やさしく なる筈はないのだけれど。。。
いったい 何個の、何種類の円を造ったら気が済むんでしょうかね