スイングを理解する上での
スイング軌跡、軌道 の基本は


〜扱校兩に対する軌道である というコト

∩扱校兩とは股関節の角度である というコト

よって 腕を振ったり、胴体を捩じるようなモノは
 前傾姿勢、そしてそれに対する軌道を壊してしまうのでお勧めしない



逆に言えば、腕を振ったり、胴体を捩じる人にとって
スイング軌道論は害悪でしかない!とも言えます。


その基本に乗っとって振るには
 クラブは縦に振ってはダメ
 です。

腕も含めたゴルフクラブの重さは
動作が始まれば 数キロ、場合によっては十数キロの負荷
になりますので、クラブを縦に振れば
必ず 前傾姿勢を失い、軌道の基本軸を失います。
葛谷Slomo_Moment

今のスイングは 腕を90度捩じって、クラブを90度倒して
腕とクラブの関係では縦(ライ、トゥ〜ヒール方向)
体にとっては横 という 
クラブヘッドの角度が大切!というのを
めちゃめちゃの破壊するスイング法。
とてもじゃないけれど「理論」と呼べるものではありません。

スイングにとって
縦の動作はほとんどなく
上下 高さを高くするの主なモノはやはり回転で
低くするのもやはり回転です。

その中で あえて言うのならば
左グリップが 上げる下げる ではなく、
言葉遊びに近いですが グリップを高くしたり、低くしたり
しているだけで グリップの高さを変え
スイング軌道自体を上下させているに過ぎません。
✋上げる方は重力に逆らいますので
 意識をして グリップ自体をほどほど高くしたい ですが
 (胸や肩での高さで十分、十二分ですね)
✊下げる方は クラブを捩じらなければ
 腕やクラブの重さが左腕、左ひじ、茱哀螢奪廚魏爾欧詈向に
 かかりますので ニュアンスは難しいですが
 その拘束を解いてあげれば、緩めてあげれば
 脱力してあげれば 元の低さに戻ろうとします。
 スタートとしては それで十分でしょう。


🔥そこで 問題になるのが 右手 右腕の
 クラブとの関係です。
 右手は 高さが変化する軌道 に対し
 それをある程度考慮に入れながら
 からだに平行、胸に平行、軌跡通りに
 横に押してあげる ⇒正しくは支えてあげる の方が近いと思います。
 さして 力は要らないでしょう。
  (普通 で考えれば 女性の腕力でも十分です。)
 なのですが、ポイントになるのは
 それが有効に機能、活用されるのは
 右を向いていて その軌道が下向き の時 です。
IMG_0582_Moment

 からだが正面を向いてから、
 もしくは インパクトに程近い時期に 右腕を使ってしまうと
 感覚としては チカラ強い かもしれませんが、
 その時期、その時の姿勢状態では
 右腕を伸ばす はイコール 右サイドを下げる
 コトになり そのパワーやスピードは 高さと回転にしかなりません。
 
 また その行為は インパクト以降の 左向き を
 骨盤でなく 肩で行う癖、習慣を付けてしまうので
 それを辞める のではなく
 それ(右腕を伸ばす)を行う時期を変えるようにしなくてはイケマセン。

 トップの時期初期から ゆっくり緩やかに
 早く(速くではなく) 緩やかに 行う必要があります。
 蕕亮蠅里劼蕁∈玄蠅旅辰 でフェースなのですから。