アマチュアにとって、スライスやフック、引っかけやプッシュよりも
トップしたり、ダふったり、フェース、もしくはヘッドとボールの
上下のズレ、ミスがショットの是非にとって一番影響が大きいと思います。

アドレスで ヘッドをボールの後ろ、
別な見方をすれば ボールの高さにヘッドをセットアップしているのに
インパクト付近の ゴルフスイングの中では最高速度の短い時間の
クラブの長さ(肩からヘッドまでの距離)がアドレスと異なり、
それを伸び上がり、体の開きで調整しなければいけない動作は
アマチュアが目指さなければならないスイングとして
根本的な欠陥があまりに有り過ぎます。
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment

スイングは若干傾いた体の姿勢(前傾姿勢)で
シンプルに縦、横だけではなく
斜めの流れの中で 左右ばかりでなく、上下の角度まで
 ある程度の幅の中で納めたい というのが目標です。

ミスは仕方ない・・・・・・・とは言うものの
そのミスがあまりに運動神経というか、運動性能
瞬時の反応によって決まるようなショットでは
ごくごく限られた運動性能と頻繁な練習の出来る人のモノ
だけとなるような気がしてなりません。

私で言えば、目からボールまで アイアンショットであっても
1m20センチから30センチ離れています。
静止状態であっても辛いのに
運動中に 1センチ2センチの差、
その距離感・奥行きを把握するのはほぼ不可能に近いでしょう。

IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(3)IMG_0681_Slomo_Slomo_Slomo_Moment(4)







そう言うコトが起こり得ない、必要の無いスイングを造っておく
コトの方が重要な気がします。

左手一本の素振り、
実際にボールを打つ必要はほぼありません。
ゾウさんの鼻スイングで 左手一本で打てることは
逆にアマチュアを苦しめるばかりで
百害、千害、万害あって一利もありません。
左手一本の素振り、
左手でクラブを振る、ブルんと左腕とクラブを振るのではなく
からだの回転で左腕を移動させるスイングは
アマチュアのゴルフを大きく変える一手に成り得ます。