ありがち…な感じですが、
切り返し、ダウンスイングの前半で


1.体重移動だけする
 👉下半身のリード の意識
 下半身、足だけが左に行き
 からだが右に倒れる
2.上半身、肩だけを残る
3.からだの回転での正面向き の機会を逃しているので
 インパクトは手で作らなくてはならなくなる
4.体重移動している筈…なのに からだが右に傾くので
 右に残ったまま 打つコトになります。

IMG_0665_Slomo_Moment(2)IMG_0665_Slomo_Moment(3)IMG_0665_Slomo_Moment(4)






この顛末は「手で振る」「手で振らざるを得ない」
スイングに行き着くだけです。

IMG_0666_Slomo_Moment(2)IMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0666_Slomo_Moment(4)







スイングの自然な「タメ」は
〇からだが回り
〇その体通りにグリップが動く
〇グリップに対してはヘッドが遅れる コト であって
からだに対し、グリップが遅れる(右にズレる)コト ではありません。


IMG_0666_Slomo_Moment(3)IMG_0665_Slomo_Moment(4)






二つを比較すると
見た目には 左腕 グリップが降りて、下がっていないように見えますが、
実態は、 下半身〜足の動作に反して
肩回り〜上半身上部が そこに留まってしまっているのです。

下回りが左へ移る 👉体重移動
これに伴って 左半身全体、
下から上まで、左上半身も左足の方に動けば
グリップは自然に下がってきます。

下半身に対し 上半身上部〜肩を残すことで
「タメ」を作るのだと勘違いしていますが、
それは単に「リキミ」 力が入る感じがするので
その感じでダウンスイングを覚えてしまっているのでしょう。

実際には 下半身の動きと同期〜連動して
上半身も動いて来る 👉向きを変えてくるので
インパクトは思っているよりも 早い時期にやって来ます。

IMG_0666_Slomo_Moment(3)
検証 しなり方_Slomo_Slomo_Moment








同じような グリップの高さで
シャフトも似たような位置にあっても
フェースの向きは大きく異なり、
からだの向きも異なります。
ここからでは からだを止め 手で振るしかないのです。

他の要因がない とは言い切れませんが、
インパクトの手打ちを防ぐには
ダウンスイングの初期動作に注意が必要なのです。