『ヘッドの遅れ』
なんだか悪いことのようですが
ヘッドの遅れは問題ない、
 正しく遅れさせるのであれば、それは良いコト です。



アドレス時の状態、
これをスタートとして
右向き〜テークバック ⇒ダウンスイング に入ると
ヘッドは運動による重さが加わり
からだの回転に対し 蕁扮β任舛凌佑留Α砲縫坤貉呂瓩泙后

遅れた時、
◇ロフトが立つか〜ダウンスイング時 フェースの下向き
◇ロフトが開くか〜ダウンスイングの フェースの上向き

のいずれか しかありません

20190525gc5_Momentoutin (2)_Trim_Moment(2)











ヘッドは運動によって どんどん重くなる のですから
それを活かして、ロフトを立てさえすれば
ヘッドの遅れは放置して良いのです。


腕の助力、サポートもありますが
◎からだの回転に沿って、
◎からだの回転通り、
◎からだの回転に同期して、

グリップを動かせば 
ヘッドは放置しても、自然にロフトは立つ条件は整います。

逆にヘッドを動かそうとして
グリップの移動量 よりも多く、
長い道のり、多い角度を動かせば
それによって ヘッド! ではなく
グリップ〜手 が遅れてしまいますから
ヘッドの遅れは ロフトの開き になります。

✋からだの回転での外周分は多いですが
 回転を角度運動とすると、その角度と同等『以下』 の
 ヘッドの移動量にすれば 立ちます。 



ここで勘違いしてはいけないのは
👉からだの回転に対し、
👉からだの向きに対し、
グリップ〜手が遅れてはダメです。

✖手遅れ ⇒ ヘッドの遅れ = ロフトの開き
◎手遅れ無 ⇒ ヘッドの遅れ =ロフトの立ち

になると考えて良いでしょう。

2013-04-06 12-19-18.455_Moment


テークバックの時点で
からだの回転とグリップがずれてしまう
からだの右に大きくずらしてしまう のは論外ですが、
ダウンスイングで
シンプルなヘッドの遅れを造るには
以下の注意点が必要です。

◎ヘッドの通り道を長くしない
 特に ヘッドの上下の動きに要注意です。


 ✋テークバックで グリップが高くなったから
  結果、ヘッドが高くなったのです。
  よって ダウンスイングでは グリップが下がれば良いので
  ヘッドを下げてはイケマセン。
  また、下りは重さの加わるので
  グリップを高くした分よりも 低くする方は少なくて良い、
  半分くらいでいいと思います。


images


◎体の向きに対してのグリップの位置 が肝心
 からだの回転を行うのに
 腰から下  /  腰から上   で分けて使ってしまうと
 グリップが遅れてしまうので、遅れが開きになってしまいます。

 ✋ダウンスイング〜インパクトまで
 左腕の長さを持て余してしまう というのは
 典型的なひねり 二重の回転の可能性があります。