スポーツの中で 打撃が伴うものには
「芯を喰った」「芯で打て」
というのがあります。

曖昧な意味合いではありますが、
科学的、物理的な意味で
ゴルフ用品、クラブヘッドの場合
 芯 とは 重心位置
重量の中心点 を指しますので
機種やロフトによっては 
ボールと直接 振れることは出来ません。

例え 接触面であるフェース面状の重心点とボール
 というインパクトだったとしても
ヘッドが上下左右、どの角度(方向)より入って、
どの角度(方向)に抜けていくか 
によっても ずいぶんと違う弾道になります。
58b52cea014c8e392700135f_20170228165522

また ゴルフクラブ、クラブヘッドの特色・違いは
その 重心の位置 によるものが大半ですが、
その作用は インパクトという打撃、接触時の、
直接的なボールへの重心位置の作用よりも
その重心位置 によって どのような姿勢で、
どのような経路でヘッドが入って来易いか
どのような姿勢でヘッドが抜けていき易いか
という ボールへの直接的作用ではなく
打ち手に対する作用の方が意味として大きい
 のです。

重心位置は
◎ボールへの作用
◎打ち手の使い方への作用

この二つの認識が違うだけでも
クラブを選ぶ際やスイングを考える際にも
かなりの違いがあると思います。


また 芯を喰う の関連で
易しいクラブヘッド 👉芯が広い、大きい
と言いますが、
大きなヘッドは視覚から入る精神的な効果
は否定できませんが、
物理的・科学的には
『慣性モーメントの数値の大きさ』
というのが その芯が広い、広さを表す数値、
と考えて良いと思います。

また その慣性モーメントの数値 は
どのようなモノか、どのやって測るのか、
は 同じく クラブを選ぶ際にも
スイングを考える際にも大きく影響します。

 
慣性モーメントの測定は
ヘッドををライ角60度に固定し、ヘッドを回転させ
重心を通る垂直軸周りの抵抗値 のような形式で
測定します。
現在はルールが設定されており、その数値が
5900gcm2±100 以下 となっています。

この慣性モーメント
効果としては ヘッドがぶれにくい ⇒ 似た球が出やすい
エネルギー伝達効果が高い ⇒ 飛びやすい
 もしくは ミスが出た時にロスが少ない などあげられますが
◎大型ヘッド
◎キャビティヘッド は
軸よりも重量が離れている
用語で言うと 周辺配分重量 と言いますが、
◎重さ10g が 1cm離れた場所 にあるより
◎重さ5g が 10cm離れた場所にある方が数値は高く、
計測状態であれば 回転し辛く なる というコトです。

✋ここで その計測方法 から考えてみると
シャフトの刺さった ネックを軸として回転するコト ではなく
ヘッドの重心点を軸にすること がポイントになります。

つまり シャフトをねじらず、ひねらず
自然な形で クラブ全体、シャフトの延長線上に 重心位置が来る
そういう使い方をしないと この慣性モーメント数値の意味
ヘッドを大きくする・キャビティ効果 が得られないことになります。

逆に ネックを軸にしてヘッドを回転させる場合、
その数値が高い ヘッドが大きい、キャビティ、ヘッドが重い、は
ネック軸のヘッドの回転にとっては負荷になりますから
数値の高い方が ネック軸の回転はし辛い〜使いにくい
というコトになる訳です。

そう考えると アイアンの場合ですが、
 軽量スチールになり、それにつれ ヘッドが小振り化 したことによって
 スイングの流行りが フェースろーてしょん系になる
というのは 科学的な根拠があるのです。

その代わり、ヘッドの持っている 科学的な効能 は
あまり手助け とはならず、自分の身体能力、運動性能次第
となるのは 自ら選択しているのですから 致し方ない
というコトにもつながります。

IMG_8497


本来 シャフトには柔らかさ、自然なしなりがあり
それによって 静止状態では重心がずれた形ですが、
運動をさせると 重さが一直線上に揃おうとする現象によって
重心位置のずれが消える という 変体構造を持っています。
そこが 硬くてしならせなければいけない となると
スイング動作の中ではゴルフクラブの構造上、
 しなり ではなく ねじれ になってしまう のですから
その行為は 同時に クラブの科学的効能の恩恵は拒否する
になり易いので注意が必要です。