▼手で円軌道を造る
▼腕で円軌道を造る
▼フェースローテーションをする
▼自分では体だと信じている肩を回す

「こすり打ち」のスイングをするには
テークバックで 手で上げなくてはなりません。
からだ…ではなく からだだと信じている肩だけを回す
video_Moment(4)

この「上げ方」は自分で自分にコブラツイストをかけてますから
回らなくて当然、回ったら病院行き です。
無理に回して からだを痛める
無理に回すと からだと腕の位置関係がより振り遅れ 
回せば回すほど クラブは開きます・・・

 どこにも 何にも良いところはないのに
日本中、世界中の練習場で トライ…挑戦してます。
ご苦労様です。






さて Rさん…ですが、
つかまえる、上から打つ というのは
〇上からボールをおさえる、
〇マットとフェースでボールを挟む
〇フェースがボールを上から見てボールに当てる


これを スイング動作を無視して、腕でも体でも
何でもいいから 短い距離でやってみて下さい!
から始めます。




✋条件はただ一つ✋
 ヘッドの意識ではなく、グリップの移動 の意識で
 結果 ヘッドを動かしましょう。
 ヘッドはシャフトでグリップとつながっていますから
 グリップを動かすと 後追いのような形で
 必ず ヘッドは付いてきます。

 グリップをどう動かすと、ヘッドがどう動いて
 望むとおりに行うには グリップをどこに動かし
 どこを通過させるのか 考えて下さい、 と。



確かに ゴルフのショットは ヘッド(フェース)でボールを当てますが
当たり前ですが、ヘッドは勝手に動いたりはしません。
打ち手がグリップを動かす、ヘッドはシャフトでグリップとつながっているので
結果、ヘッドが動くから ボールと当たるのです。
ヘッドスピード・・・と言う言葉も 人間の動作速度、グリップの移動速度 が
それを作り出しているの過ぎません。

円で振ろうとすると 兎角、クラブの長さの半径 みたいな感じで
グリップを支点に、グリップを止めて、その反動というか、
そこまで動かしていたクラブの慣性でボールを打ちガチですが、
それでは ショットを管理出来ません。
放り投げたヘッドでボールを当てるのと似ています。
ミスが起こった時、ナイスショットを繰り返したい時の
目安がありません。

20190525gc5_Moment(2)20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment








予習が効いているのか
ほぼ パーフェクト です。
 ✊ごくごく普通にアプローチしてるように見えますよね?!


スイングの恰好とか、そういうモノを無視して
「グリップを動かし フェースをボールを上からマットに押し付ける」
を実現して頂きましたが、
実際には ごくごく 普通にスイングしてます。

これをショットに馴染ませていく為、
セミナー以降の練習で行って頂きたい点は
いままで 手でクラブを円に振っていたため
インパクト直前から からだの回転を止め
グリップを止める準備をしていたので
回転を継続することが苦手としています。
それが からだではなく「肩」の回転、
回転と思っていますが 俗に言うギッタンバッコン
肩の要らない上下動を生んでしまっていたので
画像で言うと 直前からインパクトで
からだ ⇒腰、骨盤 が止まってしまって
肩の揺さぶりでグリップを動かしていますが
それを からだを止めず、肩の仕事をからだに移行してほしいです。


20190525gc5_Moment(3)20190525gc5_Moment









スイング、ショットはこれにグリップの高さを加える だけ です。

何と言って良いのか微妙…ですけれど
スイングの円軌道 に対し
フェース面はずっと ずっと 外を向いているような感じ です。
一度も円の中をフェースは見ない です。

おそらく 今までと真反対 だと思います。

このフェース、ヘッドの使い方が
クラブの その製品ロフト、正規のロフトを
正規のロフトとして使う方法です。
けっして 無理やりロフトを立てたのではありません。
これが 普通の正規ロフトのインパクト なのです。
20190525gc5_Moment

ですから フェースが自分の方、円の中、円の中心 を向けて
使うような クラブの使い方は
     全部 ロフトが寝ます。  しかも強烈に!!
これを ロブショット と言います。
・・・ショットとして存在しない訳ではないです。
 ただし わざと飛ばさない、わざと高くする、わざとスピン量を増やす
 そういう特殊なショット です。
 しかも ショットの中では最恐、最凶に危険度が高い
 そのショットを 通常のショットにしようとしていることに驚きます。

 まるで 糸を放り投げて、針穴を通すようなモノ です。