ゴルフスイングのマジック・・・ トリックとも言えますが、
『前傾姿勢』のある からだの向き が変わるコトにあります。

クラブは 手の上 で持っていますから
本当は 手よりもクラブ、
グリップよりもヘッドの方が相関関係では
上の位置にあるのですが

 
✋✋手の下→ 座頭市とか忍者の持ち方 です
アドレス時は 前傾姿勢(前屈)し、腕を降ろしているため
グリップの位置を下げているため、
 ヘッドの方がグリップよりも下がっているように感じます。

lesson 2009_10_30_21_19_49-91フレームショットlesson 2009_10_30_21_19_49-763フレームショット







手を動かさず、グリップも上げず、右でも、左でも向くと
前傾姿勢があるため ヘッドの方がグリップよりも高くなったように
感じますが、グリップが高くなっただけで
その相関関係は変わっていないのです。
 文章にすると ややこしい ですね。


今回は手をあまり使わない アプローチ相当の距離ですが、
これがフルショットであっても それは同じ。
👉テークバック、トップとは グリップの位置が高くなっただけで
ヘッドの位置を高く、ましてや グリップとヘッドの相関関係、
上下関係を入れ替えた、逆転させた訳
ではないのです。
IMG_0321_Moment(2)

左右に付いても同じです。
アイアンが分かり易いですが、
アドレス時、ほんの少し 微妙にですが、ハンドファースト気味 に構えますよね
自分の体に対し、グリップが微妙に左、ヘッドが微妙に右 にありますが、
右を向くと それが強調された感じがしますが、
この左右、横方向の相関関係も変わっていないのです。

スイングの手の仕事は からだに対し
 グリップを遅れさせないようにする補助行為
もありますが、
同時に ヘッドでは無く、グリップの高さを上げている行為がポイントです。
✊ヘッドは元々 グリップよりも高い位置関係にあるので
 ヘッドを上げる必要はないのです。グリップを必要なだけ高くすれば良いだけ。


ですので
このアプローチ相当の距離を打つ際、
切り返し、トップの位置から
ヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出したり してはいけない、
する必要が無いのです。
グリップエンドを ボールを打てる 打ち抜ける
通過点に その姿勢のまま 送り込むだけ
 です。

✋なにせ 準備行為のテークバックでそれをしていないのですから。

mhヘッドを下げたり、ボールの方にヘッドを出してしまうと
準備行為でそれをしていないので、違う動きをしないと
ボールに当たりません。
それのなれの果てがこのインパクト姿勢なのです。
これだと アドレスの体の向きはいったい何のため?
というコトになりかねません・・・。


ダウンスイングは 重さを利用できますから
行きで 重さを重力に逆らって高くした行為よりも
することが少な目、やや割安で動かせるはず なのに
ダウンスイング方がたくさん、しかも素早く動かしていませんか?


✋トップで出来た そのクラブの姿勢のまま
単に グリップ〜グリップエンドを動かすだけ です。
ヘッドを出したり、ヘッドを下げたり しません。
グリップは ヘッドよりも左にあり、
ヘッドよりも低い位置にある その相関関係のまま です。

ショットはこれで終わり です。