スイングを からだの、胴体の、骨盤の回転で行う場合、
スイング動作には前傾姿勢があるため、
横(回転)方向に動きがどの時間帯にあたるのか によって
下方向にも、上方向にもなります。

IMG_0321_Moment(4)IMG_0321_Moment(5)IMG_0321_Moment(7)




✋三つの時間帯が存在します。
.董璽バック〜トップ
  右向き 右が高い
▲肇奪廖船瀬Ε鵐好ぅ鵐亜船ぅ鵐僖ト
  右向きの戻し/右向き  右が高い
インパクト〜フィニッシュ
  左向き 左が高い/右が低い


,了間帯は横に動いていても それには『上』が含まれてきます。
 進行方向の右が高くなっているから です。
△了間帯は横に動いていても それには『下』が含まれてきます。
 進行方向の左が低いから です。
の時間帯は横に動いていても それには『上』が含まれてきます。
 進行方向の左が高くなっているから です。


この話の要点は
 自分が動作をしよう! と思った時と
 実際に動作をしている時には ギャップ、タイムラグがあるので
 少々オーバーですが ダウンスイング時、下!地面に向かって
 ボールを打とうとしていても 結果は 横、地面に平行になってしまいます。
 ダウンスイング後半、下に振ろう と思っても
 その時には 下は無くなってしまっていて
 横に振っても、上に振ることになってしまいます。


からだのターンテーブル、下半身のターンテーブルは
ボールに届かない、とか 当たらない の非常事態が発生しない限り
似たようなテンポでどんどん進行してしまうので
その動作を完遂する合流地点を見越して
 先に先に行っておく必要があります。


下にボールつぶす、
地面に、マットに フェースで押さえつける
つもりで 動かして やっと 横で打てるのです。
横に打とうとすれば すべて 上に振ることになります。


DRIYbXDU8AEUY3o


アプローチの動画 などを見る限り
 その 動作完遂のタイミング、 発動→動作 のタイムギャップを理解していないようで
短い距離 という横移動させるため 横に打とうとしていますが
結果として 誰もかれもが上に振ってしまっています。

肩の揺さぶりを使って かのパッティングストロークのように
真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す という
おまじないのような呪縛に捉われているため・・・ 余計そうなるのですが、
ゴルフクラブ という ロフトとライと言う複合した角度があり、
動作は 反時計回りの回転運動、ボールは球体、
下にあるボールを 横に打面のあるゴルフクラブで 打つ というのを
あまりに子供だましに考えすぎているように思えます。

真っ直ぐ行かせる ⇔ 真っ直ぐ振る に騙されてはいけません。


ゴルフクラブは 正常に使えば ボールには左回転しか入りません。
左回転が入り易く出来ています。


そして ロフト角度とライ角度が複合したフェース面は
自分の考えている以上に 左を向いています。
特に ロフトが大きくなってくるとそれは顕著になります。

ボールは原則 振る方向よりもやや左に飛び出るモノ です。
正しく振っても 間違って振っても ボールは振った方向と違う方向に出ます。
実はパッティングでも同じなのです。
 ただ ロフト角度が少ないので その差が無いに等しい だけなのです。
DRIYbXDU8AEUY3o

最下点で打つ とか 真っ直ぐ振る は
その前後にズレた場合、まったくの逆球になってしまいます。
同じロフト、同じスピードで打っても
下がり軌道で当たるのと、上がり軌道で当たるのでは
距離も弾道も回転も球質も まるで違うモノ です。
ゴルフショットはミスで構成されているのです。
計算できるミス も ナイスショットの一部です。
夢のような偶然を追いかけるのは スイング・ショットの向上 とは
違うモノのような気がします。

真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す では
 ボールはフェースに乗らず、必要な程つぶれず
ロフト的にも、ライ的にも ボールはこぼれてしまいます。
ロフト的にはボールは下にこぼれ、ライ的にはボールは右にこぼれます。
こする という現象です。