某レジェンドが現役選手Aに
「パットが問題、パッティングを色々人に聞いて回りなさい」と…。


しかし パッティングと言うのは
その人の ショットのインパクト部分を抽出してモノ とも言えて
現役選手Aの場合 そのショットの方法を変えない限り
パターも アプローチも 満足できる結果を出せないと思うなぁ。

子供の頃に身につけた技、
途方もない練習 によっての積み重ねは否定できないけれど
 ゴルフクラブ、ヘッドの構造
そして その運動(へっどの)によって
どんな球 どんな回転、どんな角度に上がるのか
ある程度は 科学的に考えない と
そのパッティングも含めた ショットの問題は解決しないと思うな。



パッティング で言うところの
真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す、
それを実行するには どこかに支点を造り
その想定上の線の上を
フェースを下に向け、そして上に向け 振り子のように振るのだけれど
激しく ロフト姿勢が変化すると
 入射角度・ロフト姿勢の組み合わせが安定せず
似た球筋が出にくい。
また 振り子に振ると ヘッドの高さ変化も激しいため
 パターでいうところの 厚く当たる、薄く当たる も頻繁に起こる。

パターにもロフトとライがあるので
ロフト姿勢が変わると 緩くではあるが 立体的なフェースの向きが変わってしまう。
真っ直ぐ打ちたいために
 真っ直ぐ引いて、真っ直ぐ出す と実践しているのだろうけれど
緩くではあるが ヘッドを回転させて打っているのと実際には同じ。



アマチュアレベルならいいかも??? だけれど
パターの センチ単位の距離感が重要な 賞金稼ぎ の世界
そのパッティングで飯を喰っていくには
 誰よりも そのパッティングの練習に時間を割かねばならず、
困ったことに その「振り子式」パッティングは
 不自然な姿勢が必須の為、腰を壊すコト になる。
まあ その道まっしぐら・・・だろうね。