今回はアプローチ…のようなショットの練習です。
ですが、そのまんま アプローチでも良い です。


テークバック(初動)のチェックポイント

 〃垢なりの 『シャットフェース』 が出来るコト 

アプローチでやや開いて構えて始める場合、であっても
いざ スイングが始まったら フェースの向き、ロフト具合 というのは
一切 いじっては駄目です。
アプローチで言うと
〇距離なりの 動作スピード があって
〇打つロフトがある程度、確定

されているから 距離感が身に付くのであって
それを同時に動かしていたら 距離感を覚えられません。

スナップショット 1 (2013-11-13 6-41)


足回り、お尻周りを使って 胴体を右に向けますから
腕作業によって クラブは起き(自分に向かって起きてくる)はすれど
左右方向には動かしません。
よって 前傾姿勢分、右サイドの方が左サイドより高くなりますので
その分の シャットフェースが出来ます。
 👉練習では意識的にシャットを強くしても良いと思います。

これはアプローチの上げるショットやバンカーでも全く一緒です✋

✋アドレスの状態を基本に
 そこから グリップだけ 斜め上方に移動すれば
 フェースは閉じる方に動くはず… です。
 グリップ以上にヘッドを動かすから フェースが開く のです。


◆ ̄Δ悗瞭阿になるので 右半身主導で!

特にグリップは蕕主に『持つ』ことで
左グリップはその手伝い、支えはしますが、左グリップ、左腕がクラブを
率先的に動かすコトの無いように注意が必要です。

回転運動はからだ…足やお尻などの 自分のターンテーブルがしてくれます。
右半身の動きを止めないよう、右ひじをやや外目に張っておきましょう。

スナップショット 11 (2013-06-03 19-47)


1Δ劼犬鯆イ襪海箸如.ラブを起こしますが、起こすことがポイントではありません。
 スイングでは からだの向きの変更 という 回転運動があるので
 結果、として外周に位置するヘッドは道のりが長く、多く動きがちです。
 
 からだの回転に対し、必要以上に道のりが長くなると
 その時間とクラブの重さ(クラブが長い)によって
 ヘッドだけでなく(ヘッドはOK)、グリップが遅れがちになります。
 それでは 正規のロフトでボールを打てません。

 右腕を曲げることによって クラブを起こし
 外周を小さなモノ、重さとして働くクラブの長さを短くしましょう。
 グリップが遅れにくく、ズレにくくなります。

 これは アプローチなど中途な量の回転の時、
 その量とテンポに合わせた分量で✋ ですので
 ある程度の 反復練習は必要になります。
スナップショット 3 (2013-12-05 18-39)

✋肘を曲げても 傾きなりのシャットは維持しましょう。

クラブが捩じられる、フェースが開く、ロフトが付く は
両方の肘の高さ関係によるものです。
✊そして その両肘の高さ関係は
 次の動作の体の姿勢を作ってしまいます。