アプローチの為のアプローチ練習
というより ショット全体の為の練習です。

飛ばない、飛ばせられない、主な原因は振り遅れ/手遅れ です。
振りが速い、遅い とは関係ありません。
例え ヘッドスピードが速くても
振り遅れ/手遅れ では 「ヘッド」スピードを上げても
加速を強くしても ボールの回転が増えるか
弾道が高くなったりするだけで 距離につながってきません。

知識としてしっかり覚えておいて頂きたいのですが、
通称「振り遅れ」 👉「手遅れ」 は
からだの回転に対し、グリップ(特に左グリップ)が遅れていることで
ヘッドが遅れていることではありません。

逆に ヘッドは遅れさせておかなくてはダメです。

✋問題なのは グリップの遅れ! で
 ヘッドの遅れ ではありません!

201812_Moment

,修譴鯊臍按鵑縫▲廛蹇璽
みじか〜い 距離であっても
テークバックをスタートした時に、
左の側帯 と 左グリップが離れてしまう 手上げ では
その時点で 振り遅れ/手遅れは確定してしまう
 のです。


テークバック時、左腕は 左サイドとともに
からだの一部として 移動しているだけで
左腕 そのものは 殆ど何の動作、アクションもしていないのです
IMG_0272_Moment

これを 正しいゴルフ用語で 「脇が空く」 と言うのです。


⊆,法,茲あるアプローチの肩の動き・・・
 パッティングストロークなんか でもそうですが、
 何度も書いていますが、肩〜肩甲骨は 腕の一部 です。
 ✋ゴルフにおいて 肩はからだではありません。
 
 肩を動かすのであれば、間違っていますが
 腕そのもので上げてしまった方が 数段マシです。

 腕でもなく、体でもない、その中間にある
 本来のゴルフスイングの動作では 存在しない部分 を
 動かす習慣は ゴルフショットにおいて最悪な動きです。


 からだ、骨盤、胴体 が動くから 結果として肩が動くのであって
 肩だけが動く動きはゴルフスイングには存在しない、
 ゴルフクラブはそれを想定して造られていません。


IMG_0093_Moment
IMG_0093_Moment(2)IMG_0093_Moment(3)








 ですので このように 腰から下は正面に向いたまま なのに
 腕とゴルフクラブは振り子のように動く このアプローチ は
 百害あって一利もない、飛ばない、真っ直ぐ行かない、体を痛める
 諸悪の根源とも言えるアクションなのです。