頭では理解できても なかなか実践できないのが
 「ヘッドの重さ」とどう付き合うか なのでしょう。

ヘッドの重さは シャフトを通して
 打ち手の動作の促進剤や補助 としても利用出来ますが、
使い方を誤ると 運動の負荷、運動の抵抗になるだけ 
です。

知っての通り、クラブの構造は ドライバー(悶絶)であれば
 約1ⅿの棒の先に 240g の 鉄の塊(空洞ですけどね) 
全体の重さの 70%に近い重さが その先端に備わっています。

その重さは クラブの姿勢、ヘッドの姿勢によって 重くも軽くもなります。

運動が加わると その重さは 倍化していきます。
  👉ヘッドの重さ × 長さ  × 移動速度

ゴルフクラブ、そしてそのヘッドの重さが
打ち手の動作を助けたり、促進したりするのは
移動速度の遅い、加速度の低い状態の時だけ 

いったん 移動速度が速くなり、加速度が増してくると
その重さに邪魔されないようにするのがいっぱいになりガチです。

IMG_0520_Slomo_Moment


多くのゴルファーの 「スイングのタメ」イメージ は
どこかで ヘッドを解放する為のホールド をイメージしているのでは
と思うのですが、 ヘッドを解放する為にはその基点となる
グリップ、そして体は止めて置かなくてはなりません。
それでは本末転倒です。

 「スイングのタメ」と結びつきを持ちにくいかも知れませんが、
ヘッドの重さは放っておけば良いのです。
構ってはいけないのです。

勿論 ヘッドでボールを打ちますから
 ヘッドは動かさねばなりませんが、
それは からだの動作も含め、あくまでもグリップが移動したから
ヘッドが動いたのであって、ヘッド単独で動いたのではありません。

ヘッドを単独で動かすと ヘッドの重さとは戦うコトになります。
ボールの方向やボールの飛ばしたい方向とは直接関係にない
外へ外へと膨らもうとする力を防ぐことに力を使わなければなりません。
ヘッドと単独で動かそうとする限り、
速く振りたい と クラブを放り投げない という
相反する二つのコトをしなければならないのです。
IMG_0496_Slomo_Moment

ヘッドは重さがありますから、グリップを動かしても
その重さの分、運動全体から遅れます。
加速が入ってくると 更にその分遅れます。
遅れるが故に 円弧は不必要に膨らもうとせず
近道を通ってくれます。
打ち手は その遅れを ロフトの立ちに返れば
 遅れても フェースがボールを向くように仕向ければ 良いだけで
それは グリップの進路で決まってくる のです。


ヘッドを動かすために グリップを腕や体で動かしますが
ヘッド自身は その重さ、長さや運動が加わった その重さの為。、遅れます。
その遅れは 放っておき、
その遅れを ロフトの立ち(フェースがボールを向く・上から見る) に
変えてあげることが 本当の意味での スイングのタメ だと思います。