正しく 右腕を使えるための右向き
つまり テークバックが取れる 
という前提条件はあります。
そこから 始めなくてはなりません。


〇右腕で叩いてもスライスしない
〇右腕で叩いても無駄にボールが高くならない
〇右腕で叩いても無意味にスピンばかり増えない



無駄なヘッドの縦横の回転を生まないリリースをするには
右腕で叩ける 👉リリースできる 空間 
そして それを行えるだけの時間
 が必要になります。

その空間が確保できれば
比較的簡単に 右腕の正規のリリースは可能 になります。


手順としては

〆枯咫∈献汽ぅ匹髻.棔璽襪剖瓩鼎方向に
 斜め下方向に低めに移動させていく

 注) 左サイド とは 左ひざ〜左尻〜左背中(肩)の
    イメージとして一直線のライン、面

△修瞭阿を追随していくように
 右の手のひらで からだの傾きに沿って
 やや下向き〜斜め横
 に 左グリップを押してあげる


なのですが、イメージには順番が有っても
結果は 同時に二つのコトをやるような感じになります。

down under_Momentdown under_Moment(3)









切り返しから いきなり右腕で叩きに行かず
左腕の下がり と 左サイドの飛球線方向(ややシャンクより)への逃げ
が行われた後、追随して 右腕を伸ばす感じになります。


✋左サイドのリード・・・と言う言葉に近いかも知れません。
 ただし 左サイドとは左足を言うのではなく
 左サイド全体、特に左腕の下がり が一体になっていないと
 左サイドのリード は出来ても そのリードしていく方向が
 正規の方向にならず 片手落ちになってしまいます。



一般的に考えられている 『スイングのタメ』とは異なりますが、
スイングにとっての本当のタメ、
特に長物を苦手にしないためのタメ とは
コチラの方が馴染みやすいと思います よ