この自ら ダウンスイングを省略するような
何かの動作をする時間と空間を自分でつぶしてしまうような
そういうスイングをする人がとてもたくさんいます。


少ない時間、狭い空間でも なにがしかの動作が出来てしまう
運動性能に自信のある方は良いですけれど、
正直、そういう人はいないに近い人数です。
大きな声では言えませんが、
それが出来てしまうレッスンプロに習うのは悲劇…
   …………なのかも知れません。


anika_Slomo_Moment


ダウンスイングは
動作も一番速くなり、全行程 無意識であっても加速状態、
これは言い換えれば、クラブだけでなく自分の腕や体も
その速度通り 重くなっていく状態ですので
時間と空間が確保できていないと なにか したくても出来ません。

切り返して いきなり 左サイドが上がる・開く では
左足かかとに置いたボールが 右足かかとに移るような
ボールと自分との空間が一気にせまくなる、そんな状態です。
これでは ドライバーのような長いクラブは振ることが出来ません。
✊当然 、 力みます
✊ なにがしかの形で空間を作り出すコト が必要です
✊ なにがしかの形で時間も稼ぎたい でしょう


〇正しいスイングのタメ とは
この時間を 本来通り、通常通り 確保してあげるコト を指します

▼間違ったスイングのタメ は
言葉とは裏腹、真反対で 時間と空間が一気になくなります。
よって 一番美味しい時間を逸し、体が開いた状態で
からだというパワーを出せる動力源を失い(使えず)
からだの正面でとらえられるはずのクラブ姿勢を
 疑似的に作り出さなければなりません。

 👹 👹 👹 簡単に言えば 腕力次第のショットにする というコトになります。

Jack Ni_Moment(2)

正しいリリースをするのには
空間とある程度の時間が必要です。
手順で覚えるのは良いこと とは言えませんが、
結果、体と同期して 右腕/、右ひじのリリースを行うには
左腕を含めた 左サイド が 先に正規のトコロ、
理想的なトコロ に動き 時間と空間を確保してから
右腕で 正しく叩く
 のです。

✋右利きの人が 利き腕である右腕で叩くには
 右サイドとボールとの間に空間が必要です。

多くの人は まず
テークバックからトップ で
右腕を使えるための空間造りが必要です。
そのための右向きです。

▼手だけで、腕だけで、肩だけで テークバックする人は
 アドレスの状態から右サイドが動きません。
 テークバックして トップに行っても201812_Moment(2)
 右サイドがアドレス時のボールとの距離感、空間しかないのです。
 そこから動き出せば その空間は更に縮まり、
 右腕を、右ひじをリリースする空間がありません。

 からだを遠ざけながら、体を開きながら、リリースするのでは
 リリースの意味はないのです。
 リリースせずに からだの回転のまま、意図的なひっかけ や
 スライスを打ってしまった方が 幾分マシなのではないかと思います。