プロでも良いですし、自分のスイングでも良いですし
誰かのスイングを見てみて下さい。


今回、注目するべきポイントは  左肩  です。

スイングには前傾姿勢があるため
アドレスを基準にすると
右向きになると
 左サイドよりも 右サイドの方が高くなりますが
左サイドが低くなったわけではありません。
多少、微々たるものですが
アドレスよりも低くなる・・・かもですが、
その左サイド・左肩の 高さ自体 殆ど変わりません。

逆に テークバックで
左サイドがはっきりと低くなる場合は 要注意。
その際は、逆に右肩の高さと位置を見てください。
正しい右向きでは
右肩は若干ですが アドレス時よりも高くなります。
そして 同時に 右肩は右向きに従い、
ボールから離れていく、アドレス時の背後に移動する筈…ですが、
左肩のはっきりと下がる人は 右肩の位置も高さも変わらず
単にボールにお辞儀するように ねじり寄ります。

✋これは からだ ではなく
 肩だけ、腕だけでテークバックしている
 からだの右向きがない、足らない の代表例です。
    右向きの量…ではなく質が良くないというコトでもあります
 このタイプの人は ダウンスイングで動作をする為の空間が
 圧倒的に足らず、ボールから離れながらのスイングになるため

 クラブ長の長いドライバー、ウッド等を苦手とすることが多くなります。

👉目をボールから切り、腰、秀二、お腹、ごと 顔を右に向け
  からだの右向きを習慣付ける練習をしてみましょう。

anika_Slomo_Moment(4)
少々 ざっくりと説明しますが、
ダウンスイングでの左肩は
理想的には トップの位置から
ボールに近づいていきます。
高さは変わらないとはいえ
 下がっていくような・・・
決して いきなり高くなったりしません。

まったく 同じ動作とはイキマセンが、
意識はしないとしても、インパクトでボールと対峙し
ボールに正対するには テークバックの逆回し に
近い行程が必要な筈・・・ ですが。

プロも含めた 多くの人の左肩は
切り返すと いきなり 上がります。
ボールから離れていく方向の 左上方にいきなり動きます。

 これを一般的なゴルフ用語では
 「腰を切る」 とか
 「下半身のリード」
 とか
 言うのかも知れませんね。

左足だけ動かしたり、腰だけ切るような動きをすると
左肩は上がります。  その動作は今回は割愛します。

切り返し から 左サイドを開く、体を開く というのは
「スイングのタメ」とは魔反対の動きになるのが理解できますか?

スイングの時間表は
右向き → 右向きの解き →正面を介して → 左向き

と 正面は意識できませんが 3行程から4行程あるのですが、
切り返しから いきなり左肩を上げる、左肩を開く
では スイングには2行程しかなくなってしまいます。
これでは 時間が足りません!


例えて言うのなら
ドライバーを打つのに 左足かかとにボールを置いたのに
切り返したら いきなり ボールが右足かかとにズレた
野球で言うと 差し込まれた 状況になるのと似ています。