スイングは、主にからだの回転して
ゴルフクラブ、クラブヘッドが大きく移動します。


右向きから、正面を介して 左を向きますから
結果として 傍から見ると 円弧
しかも 傾きがあるので やや傾いた円弧になります。
✊自分自身ではなく、他人、傍から見ると円弧 に見えます。



ゴルフクラブには 
ライ角度、ロフト角度、ヘッドの向き という絡み合った角度 があり
それらが飛ばす方向、飛ばす距離、弾道
 を決めます。

故に 傍からは円弧に見えますが、
ゴルフクラブ自身が円弧を描くように移動しているのではなく
ゴルフクラブを持った自分(打ち手)が動いているだけ
ゴルフクラブ自身は殆ど『単独には』動いていない のです。


ゴルフクラブを大きく、もしくは激しく動かしてしまうと
前述の 絡み合った角度が 毎回毎回バラバラになってしまいます。
飛ばすコト も大事ですが、似た球を繰り返し打てるコトも
同じように大事なのですから
スイング、ショットは クラブが動くのではなく
クラブを持った自分が動くのだ というのは頭では理解できると思います。



話を 円弧〜ヘッドの軌道 に戻しますが
クラブを単独で動かさず 自分が向きを変えると
前傾姿勢分、傾いた円弧が出来る訳
 ですが、
そこに 横のヘッドの回転なり、縦の回転が入ると
その小手先で行った別の円弧分、軌跡がポコッと膨らんだり
円弧が急激に軌道を変えてしまうのは理解できると思います。
ヘッドの回転 が行われた にもかかわらず
そこまで来た円弧通りにヘッドが動いた、動いている
というのは それを何かの動作で吸収、相殺している というコトになります。
だから その手のスイングのインパクト姿勢は汚い、見苦しいのです。


本題とは直接関係ないのですが、
プロも含め、大部分…ほとんどのアマチュアゴルファーは
この 『リリース』 👉手首の解放ではなく 右腕・右ひじの解放 と
本当の意味での 『タメ』の双方をミスっています。
スイングの『タメ』は当ブログではほとんど触れてないですね。
このシリーズ『リリース』編に次いで、記載する予定です。
双方はつながりのある、相互に大切な部分です。
 お楽しみにお待ちください(^_-)-☆




〇リリースをすると いったいクラブはどうなるのか
〇リリースをするとどのようにヘッド・クラブは動くのか

まずは それを知りましょう!
それによって 動かし方 が変わってくるかも、です。



Q:それでは質問です✋
DRIYbXDU8AEUY3o

このヘッド姿勢、打ち終わった後、
   フォローの位置 ですね
これを見て いったい
 ボールはどちらの弾道になると思いますか?

方向は兎も角、
1.ピンに向かって真っすぐのランニング
 のような球になるででしょうか、
それとも

2.ふわりと上がって ロブとは言わないまでも
 高めの弾道になるでしょうか


DRIYbXDU8AEUY3o


打つライ等は考慮に入れず
どちらが飛ぶ、ボールの止まるところまでを距離 とすると
どちらの弾道が飛ぶでしょうか?

もしも 両方、同じ距離(ボールの止まるトコロ) 打つとすると
どちらが速く、強く、大きく、速いヘッドスピードが必要になるでしょう?


リリースをし終わった後の クラブフェース・ヘッドは
 どうなっているのが 理想 なのでしょうか???