悶絶クラブ と呼ばれていますが、
平均的な市販クラブとの差はかなり大きいです。
IMG_0611
〇平均的市販クラブの5番アイアン
 ヘッド重量-240g / シャフトの硬さ-285cpm
〇悶絶クラブ スペック12 の5番アイアン
 ヘッド重量-320g / シャフトの硬さ-160cpm




一般的には シャフトの柔らかいモノほど
同じヘッドの重量でも ヘッドは重く感じます。
ヘッドの存在感がある、そんな感じです。

ヘッド重量の差で 80g・・・
目方で言えば たった80g ですが
割合(パーセント)で言うと 30%以上増量 ですし
ゴルフクラブの場合、そのヘッド重量は
1mの棒の先端に付き、かつ それに運動速度が加わるので
実際 スイングした時は 数キロの違いに感じる かも知れません。

そのヘッド重量が柔らかいシャフトの装着されている、
(硬い方のシャフトの軽いヘッドが付いているのです)
逆の組み合わせ  硬いシャフト/重いヘッド
柔らかいシャフト/軽いヘッド であれば
両方の感覚的な差は少ないかも知れませんが、
シャフトによって強調されやすい重いヘッドが
強調しやすい柔らかいシャフトの付いているのですから
初めて持つ人は 「打てるの??」「当たるの??」
ってなって然るべし…な感じです。

なにせ ティーアップしたり、カップインしたボールを拾うのに
弊社のシャフトは杖、支えになりませんから そこは注意が必要です。
クラブに寄っかかって立ったりすると転んじゃいますよ。


それを手にして、いざ 練習場!
そのヘッドの重さと柔らかさを 普通…平均的なスイングで行けば
どダフリ〜右に飛び出る〜スライス〜ハイボール の佃煮状態。
本来、ヘッドの重量分、遅れるシャフト・・・ヘッドも重いですし、
シャフトも柔らかいですから、遅れは今まで以上!です。
そして ヘッドが重く、シャフトが柔らかいですから
そのヘッドの遅れ を取り戻すことは容易ではなく、
ほぼ不可能なミッションに近いです。

ここで大概の人は
ヘッドの遅れは「待つものだ」 と思っています。
ヘッドが重く、シャフトが柔らかいモノほど たくさん、多く、長く、待つモノ
と信じていますが、間違いです。

ヘッドの遅れは 放置 します。
ヘッドが遅れることによって ダフリ・ハイボール・スライス・シャンク 
👉 開き を 👉 ロフトの立ち に替えるための 悶絶クラブ です。 
そして ヘッドの重さ を使って
グリップの進行を促進させますから
今までよりも 早いタイミングにインパクトポイントは来ます。
〇シャフトによってグリップが押される効果 です。

ヘッドの遅れ を ロフトの立ち に出来れば
ヘッドの重さとシャフトの効果を同時に利用できます。
ヘッドの遅れ を ロフトの立ち に出来るようになると
そのヘッドの重さによって グリップが押されるという使い方、
感覚ももれなく、同時に付いてきます。



IMG_0727


気付いていないのかも知れませんが、
ヘッドの遅れ → 開き → 待つ  と考えていることは
実はヘッドの遅れ、ヘッドが全体の進行から遅れているのではなく
グリップが遅れていることから派生的に発生しているのです。
問題なのはヘッドの遅れ、ではなく、グリップの遅れ
具体的には からだの幅から 右打ちの人であれば右にズレ、遅れ
が発生していることで
その状況が生まれてしまった時点で 後はもう 手で打つしかありません。


ショットは「遠くに飛ばすコト」「狙った方向に打つコト」
「そして それらを高確率で繰り返すコト」
と言うテーマがあるのですから、
全部をからだで打つ とは言わないまでも
出来るだけモーメントの高い「大きなからだの動き」にさせた方が
確率は上がり易くなり、かつ からだを壊しにくくなります。

からだで打つ! と誰もが考えている訳で
それが故に 先にからだを回して
結局のところ、インパクトは手さばき という
単なる 手で打つためのスイッチ としての体 ではなく
覚えやすいですから 手を使う にしても
からだと同期して移動させる というコトを
覚えるには 「重たいヘッド」「柔らかいシャフト」はとても良いと思います。