球・球体であるボールは つかまえないと
 思う通りの距離、思う通りのショットになりません。
20090801 2009_08_30_20_03_19-80フレームショット

ゴルフショットの基本が「ボールをつかまえるコト」なのは
分かると思います。



その「ボールをつかまえるコト」は言うなれば
算数、数学における たし算〜ひき算 にあたります。
これがちゃんと出来ないと、この仕組みが理解できていないと
この後、ステップアップしていく 掛け算、割り算
小数点の計算や分数、まして関数、因数分解の理解もままなりません。
全部が身に付かず終わってしまうことになります。




ボールをつかまえる のは
フェースがボールを上から見て、イメージではありますが
地面なり、マットなりにボールを押さえつけて
クラブに付いている角度、ロフトにボールを逃がしてあげるコト
 です。


ドンピシャなつかまり はロフト0度です。
それはボールが地面に、マットに埋まるようなイメージです。
実際には、回転や打ち出し角度などの 浮力 がないと
安定して距離も出ませんので ある程度のロフト角度は必要です。
(つかまえることは手段で、目的は遠くに飛ばしたり、安定して同じ距離を
打てるショットをするため、です)
距離を打ち分けられる機能、力を距離に応じて振り分ける機能のロフト
その角度によって適度にボールは逃げます。


👉それは兎も角、つかまえる を理解して、
次のステップとして そのクラブの角度に応じた距離 や 球の飛ぶ方向
上がりや曲がり 弾道、球筋 などが作られていく訳です。

つかまえる と言う行程を踏まえた上で 距離や弾道・球筋 があるのです。


ところが 『つかまえる』 を
フェースのターン、開いたフェースを閉じるコト と誤解して始めると
いつまで経っても そのループの中をぐるぐる回ることになります。
つかまえるコトと 方向 そして距離 弾道
『間違ったつかまえはスピードが速いコトが必須条件』なので
ミスの頻度があまりにも高く、体にも負担が多いので
何万球打っても答えが出てこないのです。

20090801 2009_09_02_14_54_45-78フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-89フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-564フレームショット20090801 2009_09_02_14_54_45-567フレームショット







👉例えば ウエッヂ などのアプローチショット です。

ゴルフクラブの軟鉄素材のアイアン はライ角度やロフト角度
が ある程度はプラスマイナス 調整が可能です。
ただし ライ角度による方向、ロフト角度による距離 はロフトの立ったモノ
アイアンで言えば 30度以下のモノは 2度程度プラスマイナス調整しても
距離や方向の変化はほとんど訪れません。

✋そう考えると ドライバーの製品ロフトの1度の差はほとんどないと言えるかも…

ところが 45度を超える大きなロフトのクラブの場合、
1度でもライ角度、ロフト角度で 方向にも距離にも かなりはっきりと影響が出ます。
隠れて 知られずに調整しても 殆どの人がなんとなく気付く 程です。


ゴルフをやり始めて ある程度のところ
スコアで言うと 130→120→110→100 となっていくには
ドライバーショット、パター、アプローチ の習熟度次第 と言えるかもしれません。

ゴルフのステップアップとして
どこかで アプローチショットの練習 が入ってくるわけですが
アプローチにおいて肝心なのは 誰からも教われず、誰にも教えられない
アプローチショットの「距離感覚」「動作速度感覚」です。

ウエッヂを手にして、それをどのスピードで打つとどの位になるのか の基本は
そのクラブの製品ロフト、例えば55度のなら 55度位のロフトで打つコト で
1〜2度のロフトのズレなら仕方ないにしても、
打つたびに それが 51度のなってしまったり、58度のなってしまうのでは
どのスピードで打つと、どの距離になるのか把握出来ません。
打つロフトが決まっていないのに距離感覚を身に着けることは出来ないのです。

距離感の練習をしているのに、同時に「ボールのつかまえ」をしなくてはなりません。
距離感の練習をしているのに、ボールを打つコトも同時に練習しなくてはなりません。


✋また 人によっては アプローチに限り
フェースターンをせず、意図的にこすり打ち つかまえるコトをせず
つまり 大きなロフトで打ちますから
ますます インパクトロフトのズレ が球質に影響が出ます。
Highスピン、もしくは高打ち出し球は そのロフトなりの球質よりも
距離や弾道に非常に敏感で神経質なモノ です。
そして 前提条件として Highスピン、もしくは高打ち出しの球を打つのには
本来 その距離を打つよりも より速いスイング、より大きなスイングが必要です。

✊困ったことに 大きなロフトの場合、あるロフトを超えてインパクトすると
当たっているのに 打ち出しが急に低くなること(抜け球)も起こります。

反復練習とは 数を打つコトによって慣れて シンプル化、簡素化
するためのモノなのに、やればやるほど 複雑化、難易度上昇するのです。

✋忘れてはいけないのは ロフトを開いたまま打つ、フェースを開いたまま打つ
 というのは そのロフトを開いた分、同量 バンスも増えるのです。
 10度開いて打つ ということは バンスも10度増えるのです。




まさに たし算ひき算を覚えていない人が
他の人のスイング動画とかを見ながら →参考書やトラ本 をみながら
その場しのぎの因数分解するのと同じです。


フェースターンしないで打つ アプローチ
フェースターン不可欠な    ドライバー
この順番は コースでショットの基盤になる順番が一発勝負で
少なくとも14回訪れるのです。

上手にフェースターンしないでアプローチ出来た ということは
逆に言えば フェースターンが下手になったわけで
上手にフェースターンできたドライバーショット ということは
フェースターンしないで打つアプローチが下手になるコトにつながります。

その練習の 大局的な目的はいったいなんなんです??
正規のつかまえ を乗り越えた人であれば
単に数を打って 自分の動作速度とボールの速度、そして距離をつかむ だけ
半分以下、1/10程度の練習で十分でしょうし、
その距離感に 高頻度のメインテナンス練習が必要とも思えません。