アドレスから、テークバックの初動
もっともっと グリップを!インサイドに引こう
もちろん 骨盤の向きを右に向けるコトで!!

スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)





グリップを飛球線後方に真っ直ぐ引く、
それでは からだの回転から外れてしまう
この時点で からだの枠組み、体の幅の中から
グリップを外れてしまう、それも こんな初期段階で。

2010111116444243889

✋テークバックは 左肩を入れる とか
 左手でと言う印象が非常に強いから
 ヘッドを『飛球線後方に真っ直ぐ』押してしまう
 この動きは グリップを体から離してしまいます。
 動かない右サイド〜右グリップに対し
 左グリップがかぶってしまい ロフトが開く、
 つまり この時点で ヘッドの逆ターンが発生するから です。
 これでは 帰りにもターン返しが必要なうえ、
 ヘッドの円弧とからだの回転の関係が途切れます。

スイングは からだの向きを変えるコトによって
はた目からは回転なのだから
飛球線に真っ直ぐ引いて 真っ直ぐ出す なんてのは
イメージに過ぎないから惑わされないように。


量はオーバーでなくてもいいです。
ともかく 飛球線に真っ直ぐ動いたり
もしくは 自分の体から離れたりしないよう
しっかり からだの向きで グリップをインサイドに移動させましょう。
グリップを アドレス時の背後方向にボールから離す のです。

413445










これはアプローチでも同じです。

スイングはからだの回転が基軸ですから
傍からは曲線、円弧を描きます。
ただ ヘッドが高くなる量と その円弧が揃うと
打ち手本人からは 一時 真っ直ぐ動いて「見える」というだけ。
小さなアプローチでも グリップはインサイドに
ボールから離れていくように体を動かすのです。


からだを右に向ける ため というのが第一義なので
それを左手の送りで作っては意味はありません。
スナップショット 2 (2015-09-24 17-52)

テークバック時の上げる と言う意識は
放っておいても必ずするでしょう。
ですので テークバックはボールから離す と言う意識を
少し持った方が良いと思います。