打った後、インパクト後
左をちゃんと向けるスイングを作れる
というのは ある年齢上のゴルファーにはとても大事。
down_swing

習慣化しているとは言え
多くの、ほとんどのゴルファーは
インパクトで 腰を止め
胸や肩だけを回すのですが、
それは とても体に怖い、ケガの原因
になります。


いつの頃からか…おそらくタイガーウッズの出現以来 だと思うのですが
腰、ベルトのバックルをボールに向けっぱなしのまま
テークバック→トップ〜フォロー というのが出てきましたが、
一部 このような動きを出来る人がいるかも、知れませんが
運動不足がちの、体の故障の怖い普通のゴルファーには
それは無理難題です。   古いですが、エクソシストじゃないんですから。

✋その手のゴルファーは逆に
結果 腰を開ききって 肩を残そうとしますが
これはもう 見てても 痛い位、怖いです。
・・・最近では腰痛だけでなく 頚椎を痛めるゴルファーも多く
 頚椎にブロック注射を打つ人もいる位です。
      うわぁぁぁぁぁぁぁ



ゴルフスイングはある程度 左右対称の動きをしますので
左を向ききるには、右を向くことから始めなくてはイケマセン。
骨盤・腰をしっかり 右に向ければ 左も向きやすくなります。
ararara_MomentIMG_0302_Moment









インパクトで 腰や肩を止めるゴルファーは
結局のところ、ヘッドは左に振るのですから
それなら からだゴト、腰の向きを左に向けた方がずっと楽ですし、
からだ と言う大きなものが動く方が
モーメントの高いショットが可能です。

背骨に関節はないのですから
関節 の部分を動かした方が故障は少なく
それに応じた筋肉を鍛える・・・呼び覚まさせることも可能です。
背骨を捩じるよりも
股関節 という、周りのある筋肉が大きい部位 を
動かした方が安全ですし、安定すると思います。
IMG_0148_Moment



そうまでして ボールを正面で打つコトにこだわるのであれば・・・
✊インパクトで 腰なり、肩を止めて置かなくてはいけない
というのは 止めることが重要なのではなく
スイングの動かす順序の問題 や
既にショットとして タイミングを逸している というコトに
気付かなくては 自分の体が犠牲になってしまいますよ。



からだの回転 というと
腰に対して 肩をどんだけ回すか と信じているゴルファーが
殆ど・・・みたいなんですけれど、
昭和生まれの我々は スポーツになにがしかの痛み は当然で
夢中になってやれば そのスポーツ独特の故障 は仕方ない と
思っているみたいですが、 これからの人たちは
時間もかかって、お金もかかって、練習が必要で・・・
上手く行かないと 既得権者から文句/嫌味を言われる
そんな遊びが 痛みや故障も起こり易い となったら
誰も見向きもしないと思うんですがね〜〜