一般的にボールを『叩く
イメージ用語ではありますが、
ボールを『叩く』となると 右利き/右打ちの人にとっては
"どう右腕で叩くか⁈"  "どう右腕を使うか⁈"
というコトになると思います。

フェースローテーション、ヘッドの返しを「当たり前」と信じている人
にとって 右腕の使い方は
同時に 茱哀螢奪廚鮟侏茲襪世影阿さないコト につながります。
左グリップがどんどん行ってしまうと
フェースローテーションが出来なく、間に合わなくなってしまうから です。

そして この一連の動きには
✋右サイドのもぐり というのが付いて回ります。
 👉こいつが一番厄介なんです
 
✋✋右腕を使っているつもり、伸ばしているつもり
  実はその実 右サイドを潜らしている
  →体を折っている動き
  動きソノモノ の問題よりも
 自分では右腕に動作させているつもりなのに
 それがからだを折ることになり
 回転が歪なモノになってしまうコトが問題✋

BlogPaint

〇左グリップは出来るだけ動かさない
〇右腕は使う

では 前方のあるもの(左サイド全般)が動いていませんから
前がつっかえて 右腕が使いきれません。
動作をする空間がないのです。
ですので 自分では右腕を使っている「つもり」でも
実際には 右半身事、右サイドが動いて
潜るような動作になってしまいます。

これがダウンスイング以降の回転の方向、角度を
決定的にずらしてしまう、間違えてしまう経緯です。
腰を痛める原因でもあります。


右利き/右打ちの人が 右腕を有効に使う
もしくは 右腕で叩くコト 自体は悪いことではありません。
出来るのなら 是非やって方が良いとは思いますが、
その「右腕を使うため」の時間と空間が無いのに
使えば より難しく、ミスの原因になります。

ダウンスイング、そしてインパクトで右腕で叩くには
積極的に 左腕が下がっていないとイケマセン。

上がった左腕が下がれば 左サイドは左に逃げます。
それによって出来た空間 があれば 右腕で叩けます。
左グリップを支点としたローテーション…とは違った形に
なるかもしれませんが 空間があれば 右腕は伸ばせるので
右サイドの下がる癖、潜る癖が消せる可能性が高くなります。

ダウンスイング、インパクトで出来る限り
右サイドは高い方が良いです。

アドレス時よりも右サイドが低い というのは
イコール その分 からだが開いている というコト です。
フェースローテーション…する としても
からだが開いている分 より多くの『閉じ』が必要になってしまいます。

右サイドは高ければ高いほど 上から打つ機会も増えますし
ごく当たり前ですが、腰などへの負担も減らせられます。


トップの位置では 茱哀螢奪廚篋犬劼犬
クラブの重さや腕の重さが掛かっているのですから
(クラブを捩じらず 右を向いていれば…ですが)
それを 脱力して ダランと下げれば
その行為は同時に 左半身を左へと送って
無意識な体の戻しになっていきますし
それは 左への体重移動を誘いますから
一つのモーションで色々出来てしまいます。



Jack Ni_MomentJack Ni_Moment(2)













左腕を下げず 腰を切って
それから左グリップを動かし、そこからフェースターン…
からだを止めて・・・・・・・・  えええ〜い そんなの面倒ですし
そんなことを一個一個やる程 時間はありません。