番手にもよりますが
ある程度の距離(10ヤード以上…)を打つのは
ショットにとって、重要なインパクト付近を
抽出した動きです。

チカラやスピードで解決できないこの距離を打つのには
ある程度 規則的な動きが必要となります。

近いからが故か、ダフッたり、トップしたり
というのが多いように見られますが、
そのミスは殆どは「必然で起こっています」
スナップショット 1 (2017-07-10 15-54)

アプローチショットで
ボールには少々近づいたとしても
少なからずの前傾姿勢 というのは存在します。
ですので、クラブを手で起こしていない、上げていない
としても 体の向きを変えれば
その傾き分、ヘッドは高くなります。
スナップショット 4 (2017-06-28 19-07)

セットアップ時のアドレスとヘッドの位置関係
この延長線のラインよりも
下の領域は ある種 地面 と考えても良いほどです。

アドレス時の腕とクラブの関係(ディッシュアングル)
を固定し、体を捻らず、胴体〜股関節より上の
向きを変えれば 概ね このラインに沿って
ヘッドは移動、高低という意味ではジンワリ高くなります。

少々右ひじも曲がり、クラブを起こすでしょうから
より上の領域にヘッドは入り込むはずです。


ところが アプローチに苦労されている方の多くは
この下の領域にヘッドを入れてしまいます。
言い方を下げれば ヘッドを下げたことになります。
クラブを上げたつもりなのに 下がったということです。
89aa44d5

テークアウェイの時点から この領域に入れてしまう人も
少なくありません。

本来、体の傾きに沿って向きを変えたのですから
この領域・このラインより下は地面 とすると
この領域にクラブを入れたという事は
自分で新たな空間を創り出したことになります。
実際の地面と自分の作り出す仮想の地面
止まっている筈のボールを動かしながら打っているのと同じです。

まあ 手で動かしている見本なんですがね…。
IMG_0347IMG_0348IMG_0349












想像がつくと思いますが
この領域にヘッドが入ってしまうと
クラブヘッドの重さで 体がその方向に引っ張られ
上を向かざるを得なく、左を向かなくを得なく
なりますから 当然、円弧の最下点は右にズレます。
ダフリやトップになる主原因です。

本来 スイングの入射角度を司っている前傾姿勢
左の股関節の角度を失い、体は置きますから
自分独自の、そのショットの独自の入射角度を
毎回毎回自分で作り出すことになります。

距離も含めた弾道は
クラブの姿勢とヘッドの入射角度によって作られるので
その双方が 毎回・毎回 ということになります。
上がり軌道でインパクトを迎えてしまう可能性も高くなるため
上手く当たっても、本来のその番手より飛ばない球に
なり易いですね。
IMG_0610

アプローチだけではありませんが
本番・コースでは 本来の半分しか発揮されません。
心理的にも その場を早く終わらせたい
 という意識が強く働きます。
体の向きの変更をしっかり前傾姿勢を維持し行う
というのは ジンワリした速度の大きな動作です。
見た目 テークバックっぽいものを手でスッと作りたい
そう言う心理は強く働きますので、
普段のシャドースイングや練習で
しっかりと大きな動きを覚え
 それが
「当たり前」にしておかなくてはイケマセン。

これだけでも かなり飛躍的にアプローチの精度
距離感は身に付きます。