最近ではあまり気にされていない向きもあるが
体重移動、自然なシフトは重要です。

ゴルフコースという 傾斜地での多いフィールドで
出来るだけ均等なショットを打つのに
基本 自然なシフトはもっているべきでしょう。

また からだの構造から 正しいからだの回転は
同時にシフトも付いて回りますから
シフトが無いスイングでは 体に無理をかけるコトになります。

46498012_1169664983184117_3818376035250995200_o


…体重の多くは 上半身にあります。
右に乗って、左に と言う過程で
下半身〜足だけが左に動いても
✊右に乗ったまま より上を向くだけ
 上を向く分、体の開きも大きく✊

になってしまいます。

からだの回転は大切ですが、
『先に』 左にシフトして「から」スイングを始めるのでは
✋結果として 左に体重は乗せられません。

クラブを持った腕、手回りは
土台である体が大きく動くと 動作をすることが出来ません。

👉腕を使う(動く)コト
👉体を回す→左にシフトするコト


を同期して行うには
〇クラブの重さでグリップが下がる
〇腕が動く
その腕が動くコトが
✋左にシフトするコト
✋左にシフトすることがからだを回転させるコト

と言う風に 一つのユニットの動きとしてとらえる方が楽でしょう。

感覚的な順序として
1.クラブの重さでグリップが下がる
2.それによって腕が動き始める
3.上半身の重さが左に掛かり始め
4.それに伴って 左へ体をずらし
5.それが回転になっていく

というところです。
それが結果として 一つのユニットの動きになります。

感覚的な順序も重要ですが、
正しく右を向いている という大前提の上で
左腕 クラブや腕の重さが シフトにつながっていくようにするには
前傾姿勢の懐の中 に下がってくる〜
左サイドを下げるような重さが掛かってこないと
からだは上を向き 開くのが早くなってしまうので注意です。
20180920tsswing_Moment

グリップがボールの方に近づくのは
からだの回転が 入ってくるからです。
自分の意志 では フトコロの中に腕は収めたい
ヘッドもボールには出さないようにしたい ですね