体には厚みがあり、
背骨を軸として、体が向きを変えるには
背骨よりも前側(前-胸/お腹、後-背中)にある重みが
右向きでは右の股関節
左向きでは左の股関節

それぞれ左右の股関節の上に乗る形なります。
20140624_1195723

体重が左に乗る
ということは 上半身の左側一部
左腕は 左脚よりも外〜左に行く という事です。
MVI_0670Trim(2)_Moment(2)
その場所でどうなる という問題ではありませんが、
ダウンの後半〜インパクト〜フォローにかけては
少なくとも 左腕は左足よりも外〜左に出る
という事になります。
yjimage4NR1MAL3

明らかに体の幅の中に 左の腕が残っている
ということは 体重が左に移っておらず
背骨を軸とした回転運動にはなっていない
ということになります。




体の回転通り
回転の時流に沿って 腕やクラブが移動する
結果、体の回転でクラブが動く
ということは
体、特に左の側帯と左の腕の左右の位置ズレを作らない
です。

トップの位置から
ダウン〜フォローにかけて
運動によって クラブや腕の重さは急激に増えます。
放っておけば、体の回転にどんどん遅れて行き
体の回転で移動できるはずの分を
のちのち 腕でしなければならなくなります。

それを避けるために トップの初期動作を
左の上腕・・・という記事を書きましたが
http://blog.livedoor.jp/hbs/archives/1951296.html
その前に 注意しておくことがあります。

アドレス〜テークアウェイで
左腕を右に送り込まないことです。
スナップショット 3 (2017-04-20 16-34)

自分を上から見た時の
胸と左腕のアングルを
90度ではありませんが、鈍角に保っておく・・
決して 左腕が胸のくっ付くような テークアウェイ は
背骨の軸運動を出来なくさせる動作です。
hiraki

体重を左に移せない ということは
ダウン〜インパクト〜フォローにかけて
自分の重さをつぶした右腰にかけてしまいます。
とても危険です。


全員に…適用という訳ではないでしょうが、
アドレス〜テークアウェイの初期段階で
その間反対の 左腕とクラブだけ
アドレスの位置に一呼吸分残して動き出す
というのがどうでしょう。

両方の肘の感覚が広がるような感じです。

スイングの中で 左腕〜左肘 と胸の位置関係 というのは
体に負担のない回転を作るのにはとても大切で
気にして良い部分です。