ダウンスイングで腕と体の動きが同期、
結果として からだの回転が主エンジンになって
ボールを打つのには
腕の働き、動作がからだの回転とつながりのある
腕を動かすと…結果として体が回るように
しておかないと 別々に動かさなくてはならなくなる。
IMG_0496_Slomo_Moment

腕は自身の重さもあるし、
長さの先に重さの付いたゴルフクラブを持っているから
土台である体が動いている限り、大きな動きをするコトが出来ない。

最終的に同期していくには
腕の動作がやや先、それがからだの回転になる
と言う順序がポイントで
その逆では 体が減速、もしくは止まるまで
腕は動くことが出来ず、運動によって 重さが増える分
土台の動作、土台の移動、土台の回転よりも
遅れてしまうのは仕方なく、
そして その分 より多く動かさなくてはならなくなる。
物理的にはごくごく当たり前な、自然な流れ…。


トップの位置で 腕自身の重さも含めdown under_Moment
クラブの重さが 腕を、グリップを下げる不可抗力がかかり
腕(上腕)が下がると それがからだの回転
左サイドの逃げになっていく というのが
同期していく自然な流れであろう。

そのためには そのような重さのかかるクラブの位置や
腕とクラブ、腕と体の関係 を作っておく方が
よりそれを簡単に出来る と言う訳だ。

自分の体が捩じられるとか、
満足できる クラブを上げる量ではなく
ダウンスイング→インパクト という次の動作に入り易い
次の動作が上手く行き易い場所 にクラブを持って行く
というコトを意識してみよう。

形として、型として、トップの位置/型を意識しすぎると
深めの、上げ量過剰なトップになり易く
右向きの量はたくさん取った方がベターだけれど
上げる量は少なめの方が それも同じくベターなんだ。

腕でクラブを動かす量 は出来るだけ抑える。
✋行きはヨイヨイ、帰りが怖くなるからね…
46498012_1169664983184117_3818376035250995200_o

腕がクラブを扱う最大の理由は
腕も含めた その重さを 重さによって動かされるコトが
からだの回転を誘発する、からだの回転とつながるコト
と考えると良いかも知れない。

重さと言う 重力方向 👉縦に働こうとする力を
回転と言う 横の動作につなげる のが腕の役割だ。