スイングは 体の向きを変えるので
傍からは 円を描いて見える。


アプローチなどでも 錯覚、もしくは誤ってしまうことがあるが
テークバックで 右を向いたから
ヘッドがインサイド、内に入って、ボールから離れる

腕使い、腕さばきも入るけれど
このヘッドがインサイドに入るとか、ボールから離れる のは
基本「体が右を向いたから
スナップショット 2 (2014-03-25 12-04)スナップショット 3 (2014-03-25 12-05)
アプローチであっても、フルショットであっても
だいたいのケース、トップの位置では
 グリップの方がボールの方に有って
 ヘッドの方がグリップよりも離れた(アドレスの背後側に)

位置にあるけれど、それを意識して、意図的に作ったモノでは無いだろう。


にもかかわらず ダウンスイングで
グリップよりもヘッドをボールの方に出してしまうと
からだの回転と腕さばきの 双方で円を作ってしまうので
ヘッドがボールに「届きすぎてしまう
down_swing

・・・となると 体が引いて、左サイドを引いて
その距離感を調整しなければならなくなるし
それは 概ね 反射的な作用によるところ。


意識して ヘッドの方をボールから離したわけでもないのに
帰りで ヘッドをグリップよりもボールに出せば
始めの姿勢とは違う姿勢にならざるを得ない。

down under_Momentdown under_Moment(3)down under_Moment(4)









〇からだの回転でボールを打ちたい
〇体を止めることなく、体の正面でボールをとらえたい

と思うのならば
ダウンスイングで グリップよりもヘッドをボールの方に出してはいけない
届かないかも・・・位で丁度良いのだ。
201903_Moment

実際にボールを打たないスローモーションで
テークバックの初期動作をしてみるとわかる。
体を右に向けようとした結果、ヘッドがボールから離れたのであって
離したのではない。 
インパクト時を からだの回転でしたい と思うのなら
グリップよりもヘッドの方が離れているくらいで良いのだ