クラブの機能を上手に利用出来るか
ヘッドの重さを打撃に使えるか

を見極めるのに

テークバック時の
〇グリップの移動軌跡 と
〇ヘッドの移動軌跡
 の対比、関係があります。

201903_Moment201812_Moment








グリップの移動軌跡よりも ヘッドの方が低い位置を通る…
本来は グリップの移動軌跡よりも斜め下方の域 は
クラブを手よりも上 親指側で持っている限りは
入り得ない領域(スイング・死の領域)です。

この領域にヘッドを入れてしまう場合
言葉で言うと クラブを自分の右に送り
傾きのアドレス姿勢では ヘッドの高さを取っている『つもり』
であっても クラブを捩じり 倒しているので
グリップが高くなる分 より 少なくしか ヘッドが上がりません。
その高さが足りなければ・・・
 上げていなければ降ろせません から
テークバックの最終段階で ライ(トゥ〜ヒール)方向にクラブを
ひょいと上げる動作が必要になったりします。

スイングは 体の向きを変えていく という 時間進行がありますから
手の動作、クラブの動き、ヘッドの移動経路 が増えすぎてしまうと
その時間進行から外れ 遅れてしまいます。
ararara_Moment
体の向きが止まり → 腕の動きも止まり → クラブだけが動く
動作が 準備動作である テークバックに入れば
クラブには不必要な慣性、重さが加わりますから
インパクトに向けて、体の進行に対し遅れるのは必定。

まして クラブが「死の領域」に入るスイングでは
体は右を向かず 腕だけで上げるのですから
そこからダウンスイングを始めれば カット打ち
アウトサイドインは 打つ前から決まっているようなモノ・・・。

インパクト時に 正面を向いたまま 体を開かないように
「止める」なんて自虐行為は おじさんゴルファーには危険すぎます。


ヘッドの移動ラインが
グリップの移動ライン よりも 上を通る
というのは 「ちゃんと右を向こうとしているか」 の証でもあります。

ちゃんと右を向くから 上から打てるのであり、
インサイドから打てるのです から
自分で素振りでも、スイング動画でも 積極的に
この二つの移動ラインの相関関係をチェックしてみて下さい。



✋✋ちゃんと右を向こうとしているか は
両方の肘の高さの関係でも垣間見れます。
スイングには前傾姿勢がありますから
右を向いている時は 体の右側の方が左側よりも高い位置関係になります。
そのままの通り(傾き通り)の 両肘の位置関係 で スクエア です。
右ひじの方が左肘よりも やや高い位置にあるのが スクエア です。
PCC

右ひじの方が低い・・・下を向いている というのは
からだが右を向く と言う行為を 腕が取ってしまってる
腕を右に倒しているのですから
 その時点で 振り遅れを生み出しています。 注意が必要です。