体が向きを変える、からだの回転とは
背骨を軸として
左半身と右半身が同じ量 移動(動く)するコト です。
sample2018 (2)_Moment(2)ararara_Moment





体の向きが変わるから
結果として
「左肩が入る」ように見えるに過ぎません。

右半身が動かず、左半身だけ〜左腕だけ 動いたら
インサイドから打つ機会も、上から打つ機会も
始めから"存在"しなくなってしまいます。


もっと右半身を動かすのです。


テークバックの体重移動は
からだ / 上半身 / 骨盤
が右を向けば 身の大部分が右足の上に乗る
コトによって自然に生まれますから、
右に乗れていないとは
右向きが出来ていない可能性があります。

もっと右半身を動かすのです。


右半身は アドレス時の背後
後ろに動かします。  ✋お尻も! です
OKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)IMG_0401 (2)_Moment







それを積極的にするため
自分の上半身に対しては横 ですが
その半身が向きを変えるので
「右ひじ」を背後に移動させる、
やや体に対し外目に張るように移動させてあげます。
スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)

結果、としてですが
足回り、お尻周りの動きと右ひじの曲がり具合 は
連動して覚えましょう。
ブツブツ バラバラ では ハーフスイングなどで役に立ちません。
右ひじの曲げの量、具合と 体の向きの変え量、具合 を
連動させて動かしましょう。


右半身が後ろに逃げていれば
時間と空間が出来ますから 余裕が生まれます。
上から打つチャンスも、インサイドから打つチャンスも多くなりますから
飛ばす、掴まえる というコトに対しでも大変有利です。

IMG_2813Trim(2)_Moment(2)

苦手な人は練習として
ボールから視線を切って
体の回る通りに『顔も右』を(飛球線後方)に向けてみましょう。
顔を右に向ける は体の周りを覚えるのに
とても良い練習になります。