オンプレーンスイングやヘッドターン理論は
根本的に、ヘッドの重心位置 の働きを無視する
スイングで それらのスイングを所望する人にとっては
ヘッド重量と同じく、重心距離は出来るだけ短く
重心深度は出来るだけ浅く、限りなくゼロに近くなる方が
スイングがしやすくなる。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)








重心距離が長くなる、重心が深くなる、
慣性モーメントが高くなるほど
ヘッドが重いのと同じ効果 になり、
ゴルフクラブの構造上 重心点 は
ヘッドの右に位置するため
深いモノ、長いモノ ほど
進行方向が右になる テークバック時は
ヘッドが開き易く、ヘッド単体が動きやすくなります。
右へはヘッドターンがしやすくなる
右へは手で上げ易くなる 訳です。

スイングの動画などを見ると
アドレス時に比べ、テークバックし同時に
グリップがからだから離れる、膨らむ のは
その典型的な例で
また その膨らむことを利用して
それ以降もより一層 開き、手で上げる傾向が強くなります。
IMG_0058Trim (2)_MomentIMG_0058Trim (2)_Moment(2)






体で上げようが、手で上げようが
テークバックは本来 インサイドに、ボールから離れる方に
全てのモノが動く・・・筈なのですが
そういった理論はどうでも良いようです。

グリップがからだから外れ、フェースが空を向くような状態…では
クラブとして 最大に重くなります。

そして 
クラブの構造上、重心点は右に位置するので
ダウンスイング、テークバックの反対で 
左に移動しなければならない時間に入りますが、
ヘッドはそこに残り易く、より開き易く、重くなります。
👉最大に重くなったクラブ、最大に重くなったヘッド
ここから ヘッドターン、シャフトターンをしたい筈・・・なのに
一番し難い状況から始めることになりますので
当然、時間もかかりますし、筋力も必要、スピードも必要になります。

テークバック時に ひょいと楽をして、手であげる 楽を選んでいるのに
ことショットにおいては 重要なダウンスイングで
それにより より大変になるのですから 頭がよいのか悪いのか・・・

特にこのスイング、クラブ扱いでは
重心距離の長い、重心の深いウッド系ヘッドは
アイアンとは同じように扱うことが出来なくなります。
IMG_0624

また 空中のボールを打つドライバーはマシ な方で
地面のボールを撃たなければならないフェアウェイウッドは
壊滅的・・・と言えるかもしれません。

最大に重くなってしまったクラブ、ヘッドを
進行方向〜左 のダウンスイングで より時間をかけて
インパクトに向かうのですから 当然のように
重さは多く、長く 右サイドにかかります。
右サイドが下がってしまうのは必定で
その下がりはイコール 左サイドの下がり、体の開きとなりますから
想像通りのミスを誘発しやすくなります。

特に昨今では 軽量スチールシャフトの影響で
アイアンはどんどん小振り化 =ヘッドは軽く、重心距離は短く
重心深度は浅くなっているので
ウッドとの差は年々開いていきます。
✋スイングの練習は主にアイアンですることが多いのですが、
 それは同時にウッドが苦手になる、もしくは一球一球交互に打つ
 コースでミスを生むための練習、セッティングとも言えます。