アドレスから始まり、テークアウェイ
そして トップオブスイング がありますが、
このトップの位置で
最も重要なモノは「重さのかかり方」です。
スナップショット 2 (2018-01-31 14-10)

腕も含め クラブの重さというモノは
馬鹿に出来るような軽さではありません。
腕もクラブも長さ というモノが付いて回りますし
それに運動が加わります。

特に トップの位置、もしくは 切り返し の部分では
その字のごとく、運動方向が逆転、反対になるのですから
「重さ」は重要になります。

とかく トップの位置 でのクラブの場所や姿勢
恰好などを気にされる方が少なくありませんが、
1212-1トップの位置は ダウンスイングに入るため
よりよいインパクトが迎えられるための準備であり
通過点でしかありません。
👈これでは 右サイドは下がり
クラブは寝るように重さがかかりますから
チカラで解決するしかなくなります。



ダウンスイングに入り易い 重さのかかり方
自分が望む グリップの行く場所に より容易く行き易いような
重さのかかり方・・・・・・・それが重要になってきます。


スイングの悩みの中で「リキミ」というのが
よく出てきますが、その「リキミ」は
望まないから、力まないようにすれば解決するものではなく
力まなくてはならない状況に陥るから
必然として「リキミ」が生まれるのです。

必要以上に クラブや腕が重くなったり
自分の行きたい方向、クラブを行かせたい方向と
大きく異なる方向にクラブの重さが掛かっていれば
力まざるを得ません。
望む、望まないにかかわらず 力まなくてはなりません。

ゴルフクラブには長さがあり
その先端に重さが集中していますから
体や腕の動きに対し、ヘッド部は遅れるのが普通です。
ところが グリップ部まで 体から遅れてしまうと
体の幅の中から外れてしまうと その重さは極端に増えてしまいます。

グリップ部が遅れないように
グリップの行かせたい場所を先読みし
それに生かせる重さのかかり方を
体の姿勢、それに対するクラブの位置や姿勢で
造るのが トップの位置を形成する基本 です。

IMG_0013_Moment(2)

特に 茲離哀螢奪廚
ダウンスイング以降においては
進行方向の一番前に位置する部位です。
その上 右腕・右手に比べ 総じて左側の方がチカラがありません。
それを クラブの重さで補うか
はたまた クラブの重さでその負担を増やすか は
ダブルカウントで大きな差になります。

ダウンスイングからインパクト通過点に対し
どの方向に、どこに茱哀螢奪廚鮃圓せたいのか
それが トップオブスイングの場所を造る最大の材料 なのです。