◆絶滅危惧種のゴルフクラブ創ります

重〜いヘッド&柔らかなシャフトを通して ゴルフを考え スイングを学べるゴルフクラブを追求! 誰よりも振らず 誰よりも飛ばす ボールをつぶせ をモットーに! 〒238-0024 神奈川県横須賀市大矢部3-14-10 ☎046-804-1480  ✉ hummingbirdsports@jcom.home.ne.jp.

ゴルフに関する 世の中で 常識 と思われていること
それにも すべて疑問を投げかけ
クラブ 体 物理 心理 レッスン あらゆる側面から
考察し 研究する 究極のゴルフ「クラブ」マニアなページ

クラブの秘密を解明することが、スウィングの解明!

クラブに動かされてしまう! 打たされてしまう!
 を基本に、日々 ゴルフクラブを創っております

上達することの基礎

 

スイングの考える時に
まず第一に考えるのは
「どうグリップを動かすか(移動させるか)?」
ということです。

確かに ボールはヘッドと接触して飛び出しますから
ヘッド! ヘッド! と考えるのは
気持ちは分からない訳ではありませんが、
そこは理屈というよりも、物の道理として理解してください。

打ち手が動作…基本的には体を回す
という行為によって グリップが移動して、
その分 ヘッドが移動します。

ボールを飛ばしたいから たくさん、速くヘッドを動かしたい
というのも心情的には理解できますが、
そうであるのなら グリップを たくさん、速く動せばいいのです。

IMG_0375


ヘッドばかりを意識するのは"なぜいけないのか
説明しましょう。

ヘッドだけを動かす という動作は
必ず反動を使ってヘッドを動かすようになるので
ヘッドを動かすためにグリップを止める
ヘッドを動かすために体の動きを止める
というのが付いて回ります。

ゴルフのショットが「その一球」だけであれば
それでいいかも知れませんが、
ゴルフはショットの連続、そして一年を通して遊び
なが〜く楽しむ遊びです。
そして 出来ればミスは少なくしたいですし、
気持ちの良いショットを続けたい と思うものです。

良いショットが出たら繰り返したい
ミスショットが出たら修正したい
そう思いますよね。

しかし、グリップや体を止めて ヘッドだけを動かすような
そんなショットをしていたら
自分の動作と ヘッドの動きに 直接的なつながりがなく
同期していないので、自分の動作を同じように繰り返したり
また、修正したりしても
 それがダイレクトにヘッドの動きに反映されません。
偶然待ちのような状態の繰り返しになってしまいます。

パターと同じ…なのですが
軽いヘッド、硬いシャフトのボールを飛ばす力のない
ヘッドのスピードアップでしか飛距離増大を生むことのしにくい
クラブでの概念に取りつかれ過ぎです。
自分の頭でよく考えてみて下さい。
ヘッドスピードの増大→遠心力の増大 は
確かに何かのエネルギーの増大につながりますが
そのエネルギーは『ボールの飛び出す方向』とは
まったく一致しない。
結果的に言えばスピンをたくさん生み出すための
エネルギーになってしまいます。
弾いて スピンを生み出すのなら
その速度や量が増えれば 確かにボールスピードも
上がりますが、それはヘッドスピードのアップと相乗せず、
無駄な動作ばかり増えるのです。


l064-e1402138366603


また、ヘッドスピードで言えば
インパクト付近が一番高く(速く)なる箇所です。
ところが ヘッドだけを動かすようなスイングであれば
その付近でグリップなり、体を止める訳ですから
一番速くなる箇所で止める という歪みが
必ず体のどこかに負担をかけます。
おそらく クラブに近い部位の中でも弱い左の手首や肘
などを痛める原因になります。

それは動作の緩急だけでなく
打撃の衝撃にもあります。
成人男性であれば ドライバーショットの
インパクト加重は 800〜1200キロ にもなります。
運動の緩急だけでなく、その負荷は
やはり 動いている場所と止まっている場所の間の
どこかにかなりの負担となるでしょう。


ナイスショットも繰り返し辛く
ミスショットの修正もし辛い…
偶然待ちの連続の上に
体への負担も少ない無い…。

確かに「偶然待ち」のショットであっても
訓練によって その偶然待ちの偶然の確率は高まるかも…ですが
体に負担の多いスイング方法なので
上手くなる(というのかどうか…)のと
体の故障は比例するような関係になります。

ですので
ヘッドを動かしたいのならグリップを動かしてください。
ヘッドを速く動かすのならグリップを速く動かしてください。
こうグリップを動かす…と こうヘッドが動く
こう動かす(移動させる)と こう動く

というリンクを確立させることが
そう考えること そのものが 上達の基礎 になります。

自分の動作によって グリップを動かすスピードが
そのまま ヘッドの動くスピードになれば
自分の動作速度によって ヘッドスピードも管理できます。
 
 パッティングの基本ですね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

このページのトップヘ