飛ばす のにも からだの回転は重要になります。

からだの回転で 速く振る とか 強く振る と言う意味ではなく
手でクラブを動かしてしまうと、手でテークバックを取ってしまうと
右サイドも下がり、体も開き、ロフト自体も寝ます。
ボールを効率よく飛ばせない条件が多く集まります。

からだの向きでテークバックを取るよう心がけましょう。


‖里良位として 覚えていく方法としては
右ひじを外目に張り、肘と足の連動で
からだ、骨盤、秀二を右に向ける ことです。

多くの人は 左肩を入れるとか
左腕、左肩廻りばかりを意識してテークバックを始めますが、
左腕、左肩を使うと 早期に背中の筋膜が張り
元々手だけ、肩だけ、肩甲骨周りだけ でとっているテークバックの上に
更に 浅くなり、タイミングも早くなります。
スイングサンプル_Momentスイングサンプル_Moment(2)スイングサンプル_Moment(3)











上半身との連動は必要ですが、
 か ら だ の向きを変えるというのは
からだ、胴体、上半身 という 数十キロのモノの向きを変えるのですから
ある意味、大きな動作です。
その仕事は 脚、特に太ももまわり、お尻やひざなども含め脚の仕事です。

上半身との連動を考えるうえでも
肘と足の連携を意識しましょう。

素振りでの練習としては
クラブ、グリップではなく クラブの真ん中あたりを
右手一本で持ち、アドレス時の左手は
その場所に置き去りにして、放置して行います。
右ひじの動きと足の動作の連携、連動
左手を使ってテークバックを取らない というのを
練習してみましょう。
スナップショット 1 (2016-11-15 22-12)スナップショット 2 (2016-11-15 22-12)スナップショット 3 (2016-11-15 22-13)スナップショット 5 (2016-11-15 22-13)スナップショット 6 (2016-11-15 22-13)









⊆蟒腓箸靴導个┐詈法ですが、
手で上げるテークバックの場合、
本来、からだの回転によって クラブは横に移動するのですが
それを手で取ってしまい、テークバックの後半に
上げる行為を入れる例が多く見られます。

実際には体は回していませんが、 回って「から」上げる という手順です。
それを逆にします。

上げてから「回る」
スナップショット 1 (2015-04-02 2-01)スナップショット 2 (2015-04-02 2-01)スナップショット 3 (2015-04-02 2-01)










手でクラブをライ方向に立ち上げる というのは
最終的には ダメな行為 なのですが、
クラブを横に捻るよりは 格段にマシ です。

クラブを横に動かさない その習慣づけを
素振りで良いですから してみましょう。
上げるのも
クラブを横に一切動かさず、その場で真上に
自分の顔なり、右頬なりに向かって クラブを立ち上げ
その後に右を向く。

腕でクラブを横に動かさなければ
他の何かで 横に動かさなくてはならなくなります。
その習慣とつけなくてはイケマセン。