http://hbs.livedoor.blog/archives/1977783.html


コチラの記事の続き になります。


20090801 2009_09_02_15_09_49-62フレームショット


ボールはフェース面で下・地面に抑えるイメージ
これとは少々異なってしまうのですが、

上手く クラブを扱えない方の共通点 は
やはり 『ボールを弾いて打ってしまうコト』 に思えます。


ヘッドの移動速度よりも ボールの方が速く移動するのは
ボール速度の方が速いのは
それは 単にロフト角度の作用 なのです。

おはじきを弾くように ヘッドをボールにぶつけて
弾いて打つから そうなるのではないのです。

まった 同じ方法で打っても
ロフト角度の違いから ボールの方が遅く成ったり 速く成ったり
するに過ぎません。

06


 ヘッド速度とボール速度は対比
〇ロフト 10度のクラブでは  1.4
〇ロフト 30度のクラブでは  1.2
〇ロフト 50度のクラブでは  1.0以下

この数値を 巷では「ミート率」と呼んだりしますが、
数値だけで言うと この数値が一番高くなるのは
何を隠そう ロフトの一番少ない パター なのです。

✊アプローチなどで 二度打ちの出るメカニズムは
ロフトの大きなコトによる ボール速度の遅さ に加え
ボールの移動に角度が付くので 実質水平移動が少なく
ヘッドが ボールに追いついてしまうコトにあります


ボールをヘッドで『押して』打つ のと
ボールをヘッドで『弾いて』打つ のでは
ショットの仕方が変わってきます。

ボールを押して 打とうとする場合、ボールは 質量 の塊です。
ですので それに対して 体も自然に 出来るだけ大きな重さ
大きなモーメントを使って 👉つまり体を動かしながら
グリップの移動を断続的にしながら インパクトを迎えます。

一方、ボールを弾いて打とうとする場合、
ボールは質量というよりも、その見た目の形状であったり 大きさ
であったりするのだと思います。
弾いて打ちますから からだやグリップは 基点 として
どこかで止め、その慣性や惰性で ヘッドとボールをぶつけるコトになります。

おそらく これが ヘッドがグリップを追い越す
ヘッドローテーション、フェースの返し の元 になっているもので
それらは その打ち方の「後付け」の理屈と思われます。

スイングと言う動作とクラブの構造を考えると
ショットは 放っておけば 上から打ち、インサイドから打ち
ボールには左回転が入り易くなります。 
からだを回すコト によって グリップを移動させる
その結果、ヘッドが移動してボールを打つ というコトであれば
下から打つ、アウトサイドイン は存在しません。
よって 弧の大きさ の違いや個々の人による加速タイミング
などを除けば スイング軌道の差は 身長や構え、クラブの長さの違いに過ぎず
何種類もの スイング軌道の種類は存在しえないのです。

まして インサイドアウトとアウトサイドインの共存 や
ボールを下から打つ は 理屈上あり得ないのです。

しかし ボールを弾いて打つ のであれば
必ず ショット・・・インパクトは クラブ、特にヘッドしか動いておらず
それは 基点になる止まる体やグリップによって
無限な種類の軌道を作り出すことが可能です。
だから スイング軌道論争 になったりするのです。


おそらく この非常に基礎的なイメージが破壊されない限り
技術論や理屈では スイングはまったく変化を見せないと思います。