右向き不足 は
ゴルフスイングにとって
非常に深刻かつ重要な問題です。

ararara_MomentIMG_0302_Moment

仕事でも、文化祭の出し物でも、イベントでも
そうですが、何かを行うときの
「基礎予算」に匹敵するモノ と言えます。




確かに やる気や工夫、努力で補える、
補えない とは言い切れませんが、
基礎予算が無いのに 行うのは無謀
の可能性は高くなるのです。
1回なら出来ても、永続的に、継続的に行うのは
難しいのは想像できるかと思います。


右向き不足 を改善 出来ない大きな理由に
自分のテークバック、ゴルフスイングの始まりの手順や
テンポ・リズムを変えたくない というのが
あると思うのですが、
動作や動き、その手順を変えれば テンポやリズムは
今までと別の 新しいモノになるのは「当たり前」で
それが嫌なのなら 始めから「スイングを良くする」のは難しい…でしょう。



骨盤から上の胴体、股関節を境にした上半身の向きを
右向きにする というのには とても大きな意味合いがあります。

右向きをちゃんと「確保」するコトの重要性を知るのも
右向きを行う上でとても大切かもしれません。


葛谷_(3)_Momentsample2018 (2)_Moment(2)








〇間と空間を確保する
骨盤から上の胴体、股関節を境にした上半身 を
右向きをすることは
ダウンスイングで 時間と空間を確保出来ます。
量は人それぞれで良いとは思いますが、
自分なりに多く取れれば取れるほど
 その時間と空間は確保しやすくなり、
ダウンスイングで起こる ミスの要因を回避し易くなります。

また 次の項目とも絡みますが、
骨盤から上の胴体、股関節を境にした上半身 を右に向けるコト は
イコール からだの回転でボールを打つコト につながるので
ラウンド中の疲労やスイング変化を非常に緩やかにします。

IMG_0401 (2)_MomentOKII 2010_06_12_11_44_30_(4)(2)_Moment(2)










軌道が安定し易くなります
と言うよりも
からだの回転が軌道そのもの なのですから
それを 小さな筋肉の、クラブの重さに近いところで形成すれば
当たり前ですが それは安定し辛くなります。

手先、グリップの入れ替え、ヘッドローテーション で軌道を作れば
それは 肩甲骨、肩の揺さぶり という
「からだ」の回転とは別な部位を動かすコトになり
同時に からだ、姿勢にも影響を与え
軌道を構成するものが何種類にもなるのです。
ラウンド中、修正するのは限りなく不可能になります。

そもそも
インサイドから打つ は
右向きから正面向き と言う動作の
インパクト直前までは 右向きの時間 というコトを指すわけですし
上から打つ は
ダウンスイングの進行方向に当たる
 左サイドの方が右サイドよりも低い時間 というコトを指すのですから
それを形成出来ない 右向きでは全くもって 意味はなく
厳しい言い方をすれば
上手くなった【フリ】をするため
 インサイドから打つ意味も知らない
 上から打つ意味も分からない
言葉の意味は分からない、知らないのに カッコいいから
その言葉を使っている まるで小学生のようなモノ です。


スイングの細かいところは省いても
右向き
正しい右向き さえ習慣付きさえすれば
ゴルフは激変します。
特に ドライバーショット、フェアウェイウッド、
アプローチに非常に効果を発揮しますから
骨盤から上の胴体、股関節を境にした上半身 を右に向けるコト
は 呪文のように心がけて下さい。