その左腕の絞り 何とか辞めましょう。

 クラブヘッド、クラブの重みで グリップは動かされます。
 それに回転も加わってきます。

 にもかかわらず インパクト付近で
 左腕を絞る
 左腕をからだと密着させる
 左わきを締める
 茱哀螢奪廚鮖澆瓩
 は 動きにつながりがありません。

 特にインパクト通過地点は
 理想的には 運動最高スピードに相当する筈 です。

 グリップを止め その反動でクラブを振るんですか?
 クラブだけが動いている という 最低のモーメントで打ちますか?
 それによる ヘッドの姿勢変化=ヘッドローテーション はどうします?

 動いていて、加圧や負荷がかかっている その左腕を止めると
 ボールに当てる条件では 横移動を止めれば 体は上に逃げますよ
 左が上がるは右が下がる つまり 体の開きを生みます。
 その絞りが 体の上向きと開き そのもの なんです。
 だから ヘッドを返す・・・・ 何のために?
 その動きは体を痛める最大のアクションです。
 ひじも腰も首も危険です。

 要らないのに 砂糖を加え 甘すぎるから 塩加えるんです?
 不味いし、面倒だし、コスト増えるでしょ。

 そもそも その動きの元にあるのは
 ヘッドがグリップを追い越す意識
 ヘッドをたくさん動かす意識 でしょ?
 そこが居残る限り 生涯その動き続けますよね

 その意識が 排除できるか どうかにかかっています。

 そこで萇を絞る、左腕を絞る というコトは
 左回転はしない ということですよ。

 それ以前の加圧通りに、動作の回転通りに
 左腕を流してあげれば 身体の危険度も下がるうえ
 体は左回転していきます。 自然な流れです。

 まあ これも 気が狂ったような反復練習で体得した
 いわば 条件反射に近い行為ですので
 その凝り固まった呪いを解くのには ある程度の時間は必要ですから
 焦らず行きましょう。


フォローなんて要りません。

 重いヘッド、柔らかいシャフトのクラブを使っていれば
 要らない と言っても フォローやフィニッシュは付いてきます。

 そこを意識しなくてはいけない というのは
 自分にとって 軽いヘッド、硬いシャフトを使っています
 と宣言しているに過ぎません。

 ま そこはさておき
 フォローなんてのは 運動を急激に止めず
 体を痛めない為 流して終わる
 100m走をした後の 流し(急に止まらない)行為に過ぎません。

 特に 左腕は 回転とつなげていくため
 重さによって下がった 左上腕/左ひじは その分 上げて逃がしていきましょう。

 それ以外 意識的な動作は必要ありません。

 ✊余談・・・ですが、
 さすがの私も ゴルフスイングの現状に黙っていられない状態まで来ました。
 ここからは本格的に スイングレッスンに力を入れます。 クラブも造りますが…。
    (レッスン常時受け付けます。ご予約下さい//時間☆000円)
 そして ハミングバードの唱えるレッスンは 【重:柔】クラブが有ると
 より簡単ですが、それは棚に上げても
 ごくごく普通の 物理法則、クラブの構造に乗っ取った普遍的な作法です。
 不自然な、特殊な、高度な テクニックは一切不要。
 ですので 意識革命さえしてもらえれば 一日で完成出来ますし
 場合によっては 一時間かからないかも知れません。
 また 覚えてしまえば 特にメインテナンスも練習も要りません。
 さすがにシングルハンディになるには コース頻度や経験は必要だとは思いますが、
 練習場なしで 90をコンスタントに切り、体を痛めず 楽に振って、友達より飛ぶ は
 正直 すぐ目の前にあるのですが
 兎も角 必要なのは 呪いからの解放 です。

 ✋時間がかかってしまう というコトは
 運動神経とか、身体能力、そういうことではなく
 根底にある意識が、呪いが解けない というコトでしかありません。

 呪いから解放されれば 定期的なレッスンも必要ありません。
 ✌後は悶絶クラブが助けてくれます。