Ψり返しますが ヘッドの重さは放置しておきます。

 スイングを如何にシンプルにするか は
 ヘッドを動かそうとしない に尽きるのですが、
 その中でも スイング中の 「上げる:下げる」 と言う動作
 もしくは意識を すべて削除、排除してしまうコト でしょう。

 『上げない! 上げてないから下げない!』 です。

 テークバックは 上腕(二の腕) 特に蕕両縅
 部位としては右ひじ に当たる でしょうか
 ここと大腿の動きの連動でするのですが、
 上腕が動き、上り、曲がり(外に張る) はイコール
 右腕が短くなるのです。
 左腕に対し 右腕が短く成れば クラブは自然に起きます。

 ヘッドの重さを放置しておいても 動く程度の量で十分、十二分 です。

 特に クラブをライ方向に動かす動きは 全く要りません。
 なければないほど良いです。

 ✋だって ボールはソールで打ちません もの。

 総称して言う テークバックの「上がる」は
 グリップの高さがある程度付けば良く
 その基になるものは からだの回転と前傾姿勢の斜めによる
 高さの増加であり、それをやや割り増しするに過ぎません。


Д瀬Ε鵐好ぅ鵐阿蓮.ラブの重さから。
 反転はしていませんが トップオブスイングでは
 クラブ、ヘッドの重さは グリップに掛かっています。
 重さが重ければ重いほど シャフトが柔らかければ柔らかいほど
 そのグリップを押そうとするチカラは強くなります。

 筋力、加速はほぼ要りません。

 クラブを持っている、支えているのは主に 茱哀螢奪廚任垢里
 その左グリップが下がります。

 茱哀螢奪廚それによって 下がり始めれば
 骨盤の右向き + 前傾姿勢 によって
 低くなっている左サイドの 低くなっている時間をより確保出来ます。

 インパクトまで 両肘の比較で
 左ひじの方が低くなっている というのが
 前傾姿勢確保の証です。

 低くなっていますから 自然な体重移動も促せます。


┐海海呂舛腓辰販習が必要ですが、
 スイングのからだの回転は 傾きがある とは言え
 横の運動です。

 つまり 右向きは ボールから離れた位置
 アドレスを基準にすると ダウンスイングは
 背後〜後方 から ボールに近づいていく動き です。

 クラブを下に振る、腕を思いっきり下げる、
 クラブを下に動かす と言う意識が強いと
 回転は縦のモノになってしまいます。

 特にヘッドを下に振る意識が一番まずいです。

 回転が縦のモノになると からだの回転は
 腰と肩部分の二重構造になってしまい
 その結果、体は上向き、その分の開き
 ボールと正対する正面の時間を飛び越えて
 いきなり左向きに移行してしまうので
 それに対するグリップの位置が 右にずらされた
 取り残された形になってしまうので
 ヘッドを、シャフトを振る、ヘッドがグリップを追い越す動きが
 「必要」になってしまいます。

 これが 大方、ほとんどの人のスイングです。

 ✋地面になる ボールをからだの回転で届かせる
  
 スイングの円の縦分 の半分以上はからだの回転です。
 腕さばきでする その分量はほんの少し 数割です。
 腕で グリップを下げるのは クラブの重さだけでも十分
 そのまま 重さを受け流し、回転につなげ
 よりからだの回転がスムースになるよう、
 前傾姿勢が 藐坿慇瓩ら荼坿慇瓩飽楾圓垢襪茲Δ
 してあげることが届くことであり、
 ダウンスイングの腕は それが主たる仕事で
 ボールを打つのに 直接的な関与はありません。

 とは言え ここはすぐには刷り込まれないでしょう。
 これ 専用のドリルがあります。
  👉そのヒントやコツは 直接のレッスンにてどうぞ
 最近、礼儀も尊重もなしに ハミングバードのブログを真似てレッスンする
 人が増えていますので ブログ上では書きません、今度も。
 また 真意が読めていない真似は害悪にしかならない とも思います。

 〇常時 個別レッスンは受け付けています
  もちろん 有償ですが、ヘッドを動かそう と言う意識が抜かない、
  抜こうとしない人の場合、こちらからお断りさせて頂きます。代金は頂きません。
 〇レッスンはすべて時間制、個別ですので 事前にご予約下さい。