クラブの移動の主たるものはからだの回転です。

 からだの回転は お尻も含めた太もも廻りのアクションです。

 肩を捻って胴体をねじるコトや足首を捻るコト
 ではありません。

 スイング動作は 四肢  上腕と大腿の動きがすべて です。

 ほかの部分は 受動的に動くに過ぎず
 意志をもって 使う部分は 上腕(二の腕)と大腿のみ です。


 からだの回転は 上腕の動きで管理します。

 上腕と大腿はリンクして覚えますが、
 上腕〜大腿〜クラブの起こし は必ずパックの動作です

 上腕が上がれば ひじが曲がります。
 ひじが曲がれば クラブは起きます。
 上腕が上がれば ひじは外に張りますから
 その分量や速度は そのまま からだの回転(大腿) とつながります。

 ここがつながっていないと
 フルショット、ハーフショット、アプローチ に関連が生まれません。


 腕の動き ハミングバードで言う 刷毛塗の動作は
 体を機能的に回すため、腕が、グリップがその体の回転から遅れない為
 のものえ 刷毛塗が打つことそのもの ではありません。
 からだの回転通りに グリップが移動させるためのモノ で
 打撃そのものに対しては二次的なモノ とお考え下さい。


ぅ轡腑奪箸涼篤擦箋離を安定させるのは入射角度次第 です。

 その入射角度は からだの回転 と 前傾姿勢 が司ります。

 からだの回転で クラブをボールに入れて来れない限り
 その入射角度は毎回バラバラになり易く
 その修正にも目安がありません。

 だから からだの回転が大切 なのです。

 一般的なレッスンプロはそこをどう思っているのでしょうか…。


ゥ悒奪匹僚鼎気鰐技襦∧っておきます。
 放っておけば からだの回転に対し、ヘッドは近づいて付いてきます。

 その道はだいたい決まった似たようなルートになります。

 それを無理に操作しなければ 入射は既に決まっていて
 ヘッドの重さを放っておくことによる 遅れ 👉ロフトの立ち加減 も
 ある一定の幅になります。 似た弾道が打ち易い のです。

 ロフトも立つのですから 当然飛距離も得やすく
 また 下にあるボールにフェース面は向けますから
 変な形でのダフリ、今までのダフリ とは お別れできます。

 ヘッドの重さは放っておきますが、
 トップオブスイング付近では"反転させた訳ではありません"が
 ヘッドの方が高く グリップの方が低い状況なのです。
 重さとは「下に掛かるチカラ」ですから
 その重さで当然 グリップを下げる…イエ 下がる コトが
 ダウンスイングの始まり です。
 👉ですので ここに筋力は要りません。
  ゆるゆる と言うわけではありませんが 脱力の方が重要です。
  ・・・久しぶりの脱力オヤジの登場・・・ですね