いざ ちゃんとクラブを使ったスイング を覚える

✋まず 初っ端にハードルがあります。

言葉遊び・・・のようですが
クラブをちゃんと【使った】スイング となると
なんなーく ですが、一生懸命 クラブを、ヘッドを動かさないと
いけないような 呪縛が付きまといますが、

クラブの機能は 打ち手の動きを補助する ことで
打ち手にクラブを振らせるコト ではないのです。
より楽に、より早く(無意識の内に)、より速く(無意識の内に)
よりシンプルに、より繰り返せるように、
人間の動作をいざない、補助するのが仕事です。

ですので 覚えていくと クラブを持っていないよりも
クラブを持っている方が 断然 スイングは簡単に感じます。
   ✊逆・・・でしょ、現在?

その意識をしっかり頭に持ってください。


△修靴董‖梢佑妨えるであろう スイングの恰好
 スイングの型は無視してください。

 スイングが理解出来てくると、自然に他人のスイングが見えてきます。
 嫌でも見えてきます。
 見えてくるほど見たくなくなるでしょう…けれど。

 まあ トーナメントプロも含めて レッスンプロに
 スイングが見えている人は 数%程度しかいません。
 一般アマチュアに限っては 既に絶滅しているに等しいほど です。

 その見えてない状態で スイングを語っているのですから喜劇 です。
    …きついジョークです( ;∀;)

 ゴルフのスイングは 他人の目を満足させる必要は微塵もありません。
 ゴルフクラブの構造や人間の構造がほぼ同じなので
 最終的に似たような作法になるに過ぎません。
 自分が楽して飛ばせて、楽しめれば良いのです。


クラブをちゃんと機能させるためのスイングは
 今までのスイングとは 何一つ ほぼ全く共通点はありません。

 今のスイングを煮詰めて、成熟させていけば到達できる
 そういった類ではありません。

 全く別なモノです。

 上手くなりたい、飛ばしたい、スコアをよくしたい、真っ直ぐいかせたい
 けれども 今の動きは辞めたくない
 ある意味 ゼロの状態から「スイング動作」を覚えたくはない
 と言う方はご遠慮ください。

 その中途半端な意識では 時間とお金の無駄 です。